「パヴィヨン・デュ・ガラナ2009」サン・ジュリアンの掘り出しもの

 

 

左岸ボルドーワインの聖地ともいえる「サン・テステフ」「ポーヤック」「サン・ジュリアン」「マルゴー」のワイン産地。

この地域でも、なかにはバラつきがあると言われている地域もありますが、それでもやっぱりこの地域のワインはどれもホントに素晴らしい。

今回はそんな聖地で造られた、お得感ある「サン・ジュリアン」のワインのご紹介です。

2016012211180001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【パヴィヨン・デュ・ガラナ2009】ボルドー サン・ジュリアン

「シャトー・デュ・グラナ」のセカンド・ワイン。

2009年はベスト・ヴィンテージの一つ。販売価格は3千円台の後半(税抜き)←お得感ある価格だと思います。

最近ではセカンド・ワインが見直され、値上がり傾向にあるようです。同じ場所で収穫された、同じ性格を持ったワインがお得な価格なのですから当然かも知れません。

サン・ジュリアンはポ―ヤックとマルゴーに挟まれた地域であり、マルゴーの繊細さとポ―ヤックの力強さを併せ持つ味わいといわれております。

ボルドーワインの各付けにおいてはトップの各付けがありませんが、サン・ジュリアンのワインが素晴らしいことは皆がよく知っており、桶売りされる場合でも高値ですぐに売れてしまうのだとボルドーの生産者が話しておりました。

他の三つの地域のワインと比べ際立った特長はないかも知れないが、ワインとしてのバランスに優れているということでしょうか。

このシャトーは、すべての面を格付けが2級や4級のシャトーと接しているとのことで、そんなサン・ジュリアンの偉大さが味わえるワインと言えるのだと思います。

そして、偉大なサン・ジュリアンの、偉大なヴィンテージのワインが、こんな価格で楽しめるのですからこれはもう掘り出しものでしょう。

飲んで楽しむにはまだまだもったいない気がする2009年ヴィンテージではありますが、気軽に楽しむコレクションとして如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ