伝統のお惣菜とエレガント系白ワイン

 

 

先日、ご自身でワイン会を主催されておられる、ワインや食に深い造詣をお持ちのお客様から、ステップから車で15分ほどの場所にある、添加物を一切使わない、伝統的なお惣菜屋さんの商品をいただきました。

美味しいと評判のお店さんなのだそうで、特に「結び昆布」などは、その地を代表する”いっぴん”に選ばれているのだとか。

関東の他店でこれほどのものは、まず購入できないとのこと。

その、やさしくて、どこかノスタルジックな味わいは、流石に話題の名店さんです。

 

そんな美味しさが忘れらず、休日の晩酌のアテにしたくて、女房殿を誘ってそのお惣菜屋さんにお邪魔しました。

2015082514540000

 

 

 

 

 

 

 

 

【先代から続けてきた、伝統的な製法でつくられるお惣菜とエレガントな風味の白ワイン(セルクル・デュ・ヴァン)】

添加物が使われていないため、「もちろん日が経てば劣化するんです」と。今となっては、ありそうでない、消費者にとってホントにありがたいお店さんかも知れません。

また、昔ながらの家庭の手づくりの味を知っている方々には、大変に喜んでもらえるのだそうです。

 

数品を購入させていただき、家にたどり着けば、待ちきれずにさっそくエレガント系のカジュアル白ワインと飲った。

これがまた何とも、ワイン文化の国に生まれ育ったわけではないのに、なんだか落ち着くような、馴染んだ感じのある心地よい相性。

バツグンのマリアージュなのです。

元々の日本酒は白ワインのようだったと聞いたことがありますが、そんなことも関係しているのかも知れません。

特にニシンを酢で漬けたお惣菜が、酒屋のオヤジとしては大好きです。

 

美味しいお惣菜にエレガント系の白ワイン。

如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ