南仏ヌーヴォー入荷

 

 

今日は、千葉県にある某人気テーマパークが、埼玉県人によって占拠されてしまうという「埼玉県民の日」。

埼玉県民にとってはどこへ遊びに行っても、なんだか知り合いに会ってしまうという日でもあります。

 

さて、「埼玉県民の日」意外での今週の一大イベントといえば、もちろん「ボジョレ・ヌーヴォーの解禁」ですね。

ちなみに解禁日は11月17日(木)。

そんなボジョレよりも一足先に、南フランスのヌーヴォーが入荷致しました。

dsc_0178

 

 

 

 

 

 

【南仏のヌーヴォー カザル・ヴィエル】

赤ワインは、今年に限ってなんとピノ・ノワールのヌーヴォー。

白ワインは、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ムスカのブレンド。

2016年はタフな天候の年となり、フランス全土で収穫量は少ないのだそうですが、夏には天候が回復し晴天が続いたのだとか。

 

ワインファンの一人として気になるのは、やっぱりこの赤ワイン。画期的ともいえるピノ・ノワールのヌーヴォーです。

ピノ・ノワール品種でのヌーヴォーはフランスワイン史上初の出来事なのだとか。

2016年ヴィンテージのカザル・ヴィエルのヌーヴォーは超がつくほどの特別感あるワインといえます。

ワインは農産物であり、その年の天候を味わう飲みものと言えるのかも知れません。

出来たての2016年の南仏の天候を味わってみては如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ