「ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ1999」飲み頃コスパ・ヴィンテージワイン

 

 

「伝統的ワイン産地のワインとは、貯蔵熟成して美味しくなるようにデザインされており、若いうちに飲むのはワインを無駄にしているようなものだ。」

ボルドーやブルゴーニュだけでなく、ピエモンテだって同じなのです。

伝統あるワイナリーだからこそ出来る、飲みごろに達したお得感あるカジュアルクラスの蔵出し古酒のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【カーサ・ヴィヴィニコラ・ニコレッロ ランゲ・ネビオーロ1999】

名産地バローロの規格外ワインと言った感じでしょうか。

ワイナリーで熟成され古酒として出荷されますが、さらに数年間セラーにの中で眠らせて飲みごろに達するようです。

しかもその価格は、名産地のネビオーロのヴィンテージワインでなんと千円台。

これほど素晴らしいコスパのワインも珍しい。そして、ヴィンテージ古酒が普段飲みできるのですから素晴らし過ぎます。

ややオレンジ色を帯びたネビオーロの古酒ならではの円熟した味わいが贅沢ですね。

 

名産地のカジュアル熟成古酒は如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ