「樽フリーワイン」ぶどう本来の味わい

 

 

好きな人と嫌いな人に、ハッキリ分かれるワインかも知れません。

酒屋のオヤジ的には「・・・・こういうのってアリなの!?」みたいにも感じるのですが、女房殿にとってはアリな味わいのワイン。

まったく樽を使ってないトスカーナの赤ワインのご紹介です。

2016011810480000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【カステッロ・ディ・モナステロ ネッロ】イタリア・トスカーナ州 赤ワイン

サンジョヴェーゼ60%、メルロー40%

ステンレスタンクにて発酵させて、ステンレスタンクで数ヶ月熟成、その後にビン詰めして熟成させた、まったく樽を使っていたい赤ワイン。

従って樽由来の甘味がない。

草食系赤ワインみたいなジャンルがあるなら、そんな感じといえるでしょう。

女房殿曰く、「樽の効いたワインは美味しいけど、その分飲み疲れするでしょ。でもこのワインなら樽フリーで、お料理と一緒にサッパリと楽しめる。」と。

食中酒として、その真価を発揮するワインというところでしょうか。

ブドウ本来のサッパリとした味わいのワインは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ