ボージョレ・ヌーボー2017解禁

 

 

「ボジョレー」と「ボージョレ」どちらを使うべきか迷うところですが、先日NHKで「ボージョレ」を使っていたため、今後このブログでもそれにならいたいと思います。

以前は「ボジョレー」が一般的に使われていたと記憶しておりますが、いつからどうして変わったんでしょうかね。

さて、ボージョレ・ヌーヴォー2017の販売が本日解禁されました。

 

 

 

 

 

 

【ボージョレ・ヌーヴォー各種】

今年の4月にフランスを襲った霜害で、特にボルドー右岸の被害が大きかったようですが、対照的にブルゴーニュは近年にない豊作だったようです。

ブリュィの山の麓、自然派の中ではいち早く収穫を始めるジャン・クロード・ラパリュでは、6月の猛暑でぶどうの成長が早く、昨年より10日間ほど収穫が早かったとのこと。

2017年のボージョレは近年にないほどの好条件に恵まれたようです。

従って、その味わいも期待できます。

 

ボージョレ村のワインは、そのほとんどがヌーボーとして販売され、そのほとんどが日本向けなのは周知の通り。

戦前のレストランでは、ニュイとボージョレ(ヌーボーではない)は同じ価格で販売されておりました。決して早飲みだけのワインではない高品質のワインの産地なのです。

いつの間にかボージョレのほとんどが、日本人のためとも言えるヌーボーの産地となりました。つまり、ほとんど日本人のためにより美味しいヌーボーを追求されている産地なのです。

できれば、この機会にヌーボーとヌーボーではない通常のボージョレを購入して、かってニュイのワインと同じ評価であった味わいをお得感を持って楽しんでいただけたらと思う次第です。

ボージョレ・ヌーボー2017は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ