「ミレジム グルナッシュ・シラー」もはや超絶コスパ

 

 

「ミレジム・シリーズ」のワインは、ワイナリーから直接バルク買いして2万リットルのコンテナで輸入し、日本国内でビン詰めを行う、防腐処理などを一切行わないワイン。

前回はそのシリーズの中でも特筆すべき白ワインをご紹介をしましたが、今回は赤ワインのご紹介です。

このワインは良いワインを造っているにも関わらず知名度が低いために売り上げが上がらないような、良質な造り手のワインを探し出した典型例と言えるでしょう。

つまりは凄いレベルで”知る人ぞ知るワイン”なのです。

また、このワインは天然酵母で自然発酵させた自然派ワインであり、コンクリートタンクとステンレスタンクのみを用いている、樽の影響をまったく受けていない非常にピュアなワインでもあります。

 

 

 

 

 

 

【ミレジム グルナッシュ・シラー2016】グルナッシュ80%、シラー20%

このワインはスペインのアラゴン州カラタユド南部のムネブレカにワイナリーを構えるボデガス・ブレカのワイン。

「アラゴン州でもっとも上質なガルナッチャをつくる」というミッションの下、2010年に設立されました。

1900~1975年に植樹された樹齢40~115年の古木から収穫されたぶどうを使って造られます。

カラタユドは非常にユニークなテロワールを持つ土地。

ガルナッチャの産地としてはスペインでもっとも標高が高く、特に夏は昼夜の寒暖差が激しいため、日中の暑さでぶどうがよく熟し、夜間の冷涼な気候によりぶどうは豊かな酸を蓄えます。

そのため凝縮感ある果実味に高い酸、美しいバランスを湛えた熟成ポテンシャルの高いワインが造られます。

2016年はスペインの多くの地域で収穫量が高く、極めて健康状態の良いぶどうが収穫された良年となりました。

 

マニアっぽい産地ではありますが、こんな赤ワインが千円ちょっとでデイリーワインとして楽しめるのですから素晴らしいことだと思うのです。

一度お試しください。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ