「ミレジム・シリーズ」デイリーワインの新潮流

 

 

日本で飲まれるデイリーワインはよりお得感があり、より体にやさしくなるようです。

生産者から良質なワインを直接バルク買いして、日本国内でビン詰めすることにより、良質なワインがお得になるだけでなく、防腐処理などを行わない、よりピュアなワインになりました。

 

 

 

 

 

 

【ミレジム・シリーズ(左から)ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、グルナッシュ、ピノ・ノワール】

<ミレジム・シリーズのこだわり>

1、つくり手が丹精を込めて育てた良質な葡萄からつくる上質なワインだけを厳選。

2、安価な価格で優れたワインを入手するため、世界各地の優良生産者より情報収集。

3、輸送時の劣化を防ぐため温度管理を徹底し、容量2万リットルの特注コンテナで輸送。

4、熱処理、低温殺菌、冷却による安定化、無菌ろ過、防腐処理は一切していません。

5、日本国内でビン詰めすることで、現地のワイナリーで樽から飲むようなフレッシュでピュアな味わいを日本の皆さまにお届けします。

補足:

ヨーロッパの有名産地を含め、現地でバルク売りされているテーブルワインの殆どは安価な価格で取引されていますが、このような安価なワインの中でも、健康状態の良い葡萄だけを使用し、きちんとした管理の下で発酵を経た極めて上質なワインに出会うことがあります。

クオリティの高いワインを手頃な価格で入手する方法の1つは、収穫量の多い年にAOCの法令が定める収穫量を上回ってしまったドメーヌから良質な葡萄やワインをバルク買いすることです。

また、良いワインを造っているにも関わらず、知名度が低いために売り上げが上がらない良質なつくり手を探し出すことも有効な方法の1つです。

このミレジム・シリーズではワインの輸送用に特別設計された容量2万リットルのコンテナでワインを輸送します。容量が大きくなるほど液体の表面積が小さくなるためワインの酸化を防ぐことが出来ます。

さらに日本国内でビン詰めを行うことで、防腐処理を施さずとも品質を損なうことがありません。

味わいはどれも優しさがあり、ふくよかでピュアな味わいです。デイリーワインとして毎日飽きることなく楽しんでいただけるワインだと思います。

「ミレジム・シリーズ」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ