メンドーサの圧倒的バリュー感

 

 

アルゼンチンワインの約70%を生産しており、輸出向けワインの約90%を生産している世界最大のワイン産地が、クージョ地方のメンドーサ州。

主なブドウ品種はマルベック、ボナルダ、トロンティス、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ヴィオニエ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニョン、シラーなどですから、ボルドーやシュッド・ウエスト、カリフォルニアあたりと同じようなスタイルのイメージでしょうか。

アルゼンチンワインの輸出は伸び続けており、特にこの地のプレミアム・クラスが伸びているとのこと。またワイン産業への投資額も増加しているようです。

品質と価格を考えれば、まだまだ伸びしろは大きいと言うことでしょう。

 

・・・・しかし、日本市場ではいまいち馴染みがない・・・・・。

隣りで試飲をされていたレストランの方が、「うちのレストランではスゴク人気があったワインなのに、なんで日本に入って来なくなっちゃたんですか?」とワイナリーの方に質問されていたワインがありました。

たしかに結構な投資が入っている感ある、見た目よし、味わい素晴らしい、たぶんお得感もすばらしいワインでした。

 

 

 

 

 

 

【エスコリウエラ・ガスコンのワイン各種】

確かにレストランでの販売で人気がでそうなワインばかりです。

日本には現在輸入されておりませんが、輸入業者にとってのアルゼンチンワインの価格は一般的にFOBで1本がUS$5に届かない水準とのこと。

レストランでワインのブランドを気にしないなら、「高価なボルドーやカリフォルニアではなくメンドーサがイイかな」と、もし日本に輸入されるようになればの話ですが、そう感じた次第です。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ