お正月に人気!シャンパーニュ「M・シャンドン甘口とV・クリコ甘口」

今回の年末年始に人気だったのが、何と甘口のシャンパーニュ!

甘口と言っても、こってりとした甘さではなく、爽やかで上品な甘みのある味わいなのです。流石はシャンパーニュ!

随分と前になりますが、映画「プリティーウーマン」の中で、主演のジュリアン・ロバーツとリチャード・ギアが、イチゴを摘みながらシャンペンを飲むシーンがありましたね。真似された方も多いと思いますが、ほとんどの方はドライのシャンペンで試して「イチゴとシャンペンって、実は全然合わないんだよね!」なんて言ってたんですよ。

これを、甘口のシャンペンで試したら、感想は180度違っていたと思います。素晴らしくマリア~ジュちゃうんですよ(合うって事です)!イチゴもシャンペンも甘過ぎず、爽やかな味わい、とっても上品で高貴な気分にさせてくれますよ!

mchan vclicquot

年末年始に、意外に人気のあった甘口シャンパーニュ「ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン ドゥミ・セック」(甘口)750ml 5,775円 と「モエ・エ・シャンドン ネクター・インペリアル」(甘口)750m l6,300円。両方共に、歴史、知名度を持つシャンパーニュの名門。ヴーヴ・クリコの現在のオーナーは、あのルイ・ヴィトングループだったかな!

辛口のシャンパーニュの方が、圧倒的に人気があるはずなのですが、甘口が人気の理由はなんでしょう。辛口が一般的になり過ぎてしまったんでしょうか?それとも、爽やかな甘みのある味わいに魅了されてしまった人が多かったのでしょうか?かくゆう酒屋のおやじも、これらの甘口のシャンパーニュが大好きなのであります(スパークリングワインでも良いのですが)!爽やかな甘みのある感じがたまりません!!

酒屋のおやじから男子諸君への提言!「次に来る、ワイン系のイベント”バレンタイン”。そのチョコレートのお礼には、甘口シャンパーニュとイチゴだ!!ガッハハハハ・・・!これで彼女の心を(体も?)鷲掴み出来る事請け合い!!箱根の山を駆け上がる東洋大の柏原くん状態になりますよ(もてるだろーな~って事)!」(でも失敗しても責任はとりませんよ~!ゴメン!)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ