ドメーヌ・アンリ・ルブルソー ジュヴレ・シャンベルタン2000

 

 

ブルゴーニュ地方のなかでも、その一等地にある名門ドメーヌの蔵出し熟成古酒です。

 

 

 

 

 

 

【ドメーヌ・アンリ・ルブルソー ジュヴレ・シャンベルタン 2000】

アンリ・ルブルソーの歴史は、1919年に現当主ジャン・ド・シュレル氏の祖父であるアンリ・ルブルソー将軍が畑を購入したことに始まるのだそうです。

1980年代に父であるピエール・ルブルソー氏がワインナリーを設立。テロワールを重視し、伝統的な手法で生み出されるワインは、将軍の名にふさわしい堂々たる風格がある本格派。

「ピノ・ノワールは熟成させて楽しむもの」という信念の下、生産量の約半分はすぐにリリースせず、カーブで熟成させて飲みごろと判断してから販売されます。

飲みごろを迎えたピノ・ノワールを楽しむことができるのもこのドメーヌの大きな魅力のひとつです。

 

ブルゴーニュ地方を代表する優良生産地であるジュヴレ・シャンベルタンの、名門ドメーヌが造る蔵出し古酒です。

特別な日のワインにブルゴーニュワインの醍醐味を味わってみては如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ