「デエーサ・ラ・グランハ2007」フルボディの魅力

 

 

お得感ある濃厚フルボディなスペインワインのご紹介です。

生産者はリベラ・デル・ドゥエロのペトリウスと称される「ペスケラ」を生み出しているアレハンドロ・フェルナンデル。

同じカスティーリャ・イ・レオン州で収穫されるテンプラニーリョを使って造られ、さらに長期熟成させた、たっぷりとしたふくよかさを感じさせるワインです。

 

 

 

 

 

 

【デエーサ・ラ・グランハ2007】

価格は千円台の後半。名門が造る”この価格でこの味わい”的なワイン。

アルコール分が14%と高いためなのか、2007年の収穫から10年以上経過しているにも関わらず、まだまだ元気いっぱいな味わいです。

抜栓してから10日以上かけて飲みましたが、味わいが枯れることなく健全な風味が続いておりました。

おそらく後さらに10年経っても問題なく元気なワインなのでしょう。

テンプラニーリョ・マスターと呼ばれる生産者ならではの、テンプラニーリョの可能性を極限まで引き出したお得感あるワインと言えるようです。

テンプラニーリョのお得感あるフルボディワインは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ