「クウール・ウッズ」本格カレーとスパークリングワイン

 

 

「美味しいカレーを食べさせてくれるお店さんがあるよ!」とのアドバイスをいただきまして、試飲会直前だったため、刺激の強い食べ物はよろしくないか、とは思ったのですが、せっかくのことですからいただくことにしたんです。

流石は都心です。ランチなのにそのカレーの価格は1620円。本格派だ。

もちろん大変に美味しい。しかし、困ったことにその味は、試飲会の直前だってのにやたらとスパイシー。すぐに顔から汗がふき出る始末だから困っちゃった。

 

 

 

 

 

 

そんなことで、お腹はいっぱい、身体はポカポカ、口の中にはカレーの辛さがいつまでも残ってヒリヒリな状況で、あろうことか、その後の試飲会に参加させていただいたんです。

最初に試飲したのが、ワイン新興国の辛口スパークリングワイン。

「グビッ」、驚いたことに、このスパークリングワインが、本格的カレーでややヒリヒリとした口の中に、まことに心地がいいんですよ。

「あれ、ひょっとしてスパークリングワインって、カレーに合うのかな・・・・・・?」なんて言ってたら、

そこの係りの方が、「カレーに限らずキムチなどの辛い食べ物にスパークリングワインは合うんですよ!」と。

考えてみれば、カレーの国インドのワインでも、評価が高く最も人気のワインはスパークリングワインなんですね。

本格的なカレーを食べるなら、新興国のフレッシュなタイプのスパークリングワインがイイ感じだと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

【クールウッズ・スパークリングワインNV】オーストラリア

オーストラリアワインの評論家といえばジェームス・ハリディさんですが、そのハリディさんが10年間連続で5ッ星の最高評価をするという、実力派のワイナリーが造るカジュアルなお値段のスパークリングワイン。

青リンゴやレモンなどを連想させるフレッシュな味わい。シャープでクリーンな飲み心地。これぞクリスピーみたいなスパークリングワインです。

本格カレーで火照った身体と口の中をクールダウンさせてくれますよ。

フレッシュなスパークリングワインは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ