170年前の貴族が飲んだシャンパーニュの味わい

 

 

やっと上野で開催されている「ワイン展」に行って来ました。

2016012012170001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

この展示会には、2010年にバルト海の海底に沈む難破船より引き上げられた170年前のシャンパーニュと、その成分表が展示されておりました。

2010年に発見された時にも、このブログの記事にさせていただいたのですが、発見されたシャンパーニュは現在もトップブランドとして君臨するヴーヴ・クリコや、1829年にジャクソンに吸収されたジャグラー。

この当時、この種のシャンパーニュを一般の人が飲むことはなく、上流階級だけの飲みものだったとのこと。海底から見つかったこのシャンパーニュも、フランスのルイ16世がロシア皇帝に贈ろうとしたものである可能性が高いらしい。

 

成分表によれば、昔のシャンパーニュは現在のものに比べて、アルコール分が低く、糖度や酸度が高い。

ヴーヴ・クリコを試飲した人のコメントは、泡立ちはすでになくなっていたが、甘味と酸味が豊かな味わいだったとのこと。

たぶん、昔の上流階級の方々が楽しんだシャンパーニュとは、アルコール分が少ないため飲みやすく、ボリューム感も少なく、その代わり甘さと酸っぱさがもっと際立っていたということでしょう。

また、糖度や酸度の成分が高ければ、アルコール分はそれほど高くなくても、管理さえしっかり出来ていれば白ワインでも170年ぐらいは大丈夫ということなのかも知れません。

古いワインはやっぱり魅力的です。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ