「カペンシス・シャルドネ」究極の南アフリカ産”ワオ!”な白ワイン

 

 

またまたワインの試飲会ネタで恐縮なのですが、あの著名高級ワイン会社であるジャクソン・ファミリー・ワインズの試飲会に、大変にありがたいことに参加させていただきました。

そのほとんどはカリフォルニア産のワイン。素晴らしく適した環境の土地で、素晴らしく能力の高い方々が造るワインですから、あたりまえのことなのかも知れませんが、ワインはすべてプレミアム感ある素晴らしい味わいです。

そんな高級ワインの中で、ひときわ輝いて感じた白ワインがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【カペンシス シャルドネ2013】南アフリカ産白ワイン 参考上代12000円

シャルドネのその凛としてクリーンな酸がスバらしく美しい。プレミアム感ある味わいです。

白桃やリンゴなどを連想させ、どこまでもピュアーでエレガント。長い余韻を楽しんだあとは「・・・・ワオ!」な驚き。

輸入会社さん曰く、このワインはコルクを抜いてから3日目ぐらいするとさらに素晴らしくなるのだとか。さらには2週間ぐらいすると、またいっそう素晴らしくなるのだそうです。

従って、この2013年ヴィンテージを今飲む場合、デキャンターに移してよく空気に触れさせた方が良いようです。

生産量も700ケースほどの希少品なのだそうです。

 

なんでもこのワイン、ある小売店さんからの要望があって輸入することになったとのことで、同じ小売店としてその素晴らしい知識と情報網に感心した次第です。

 

「カペンシス」とは「from the Cape」という意味。南アフリカの人気スパークリングメーカーであるグラハム・ベック・ワインズとジャクソン・ファミリー・ワインズの共同プロジェクトにより誕生した究極の南アフリカ産白ワインなのだそうです。

畑のある南アフリカの西ケープは、なんと400年も前の1600年代からワイン造りの歴史があるのだそうで、いわゆる新世界の中ではもっとも古いワイン産地。

昔からワイン産地として注目されていた地域だったが、鉱物の利益の方が大きいために忘れらていた産地といえるのかも知れません。

歴史ある偉大な産地と、最新のワイン生産技術が融合して造られたワインと言えます。

ワイン産地として凄まじい可能性を感じた南アフリカの白ワインでした。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ