「ヌーヴォーじゃないボジョレ」いま飲むべきワインを賢明に選ぶ

 

 

2016年のボジョレ・ヌーヴォーはお楽しみいただけましたでしょうか?

 

酒屋のオヤジとしては、特に高品質のボジョレ・ヌーヴォーを味わって感じたことが「・・・・・・・・やっぱり、もったいなさ過ぎる!」でした。

「なぜ、こんなワインを、そのワインのポテンシャルを無視するかのように早のみしなければならないのか?」

「また、出来たての初物ワインに何か意味があるのか?」

と、正直に言えばそんなふうに感じた次第です。

 

その昔、高級レストランではボジョレは他の有名ブルゴーニュ・ワインと同じレベルの評価をされておりました。また販売価格も同じような水準でした。

それが、どうしたことか「ボジョレ」と聞けば、「あー、あの早飲みワインでしょ!」みたいな認識となって今に至ります。

そして、特にボジョレ地方のクリュワインと呼ばれる高各付けの産地のワインなどは、高品質にもかかわらず他のブルゴーニュ・ワインと比べて、恐ろしくお得感のある価格水準となってしまったようです。

ボジョレだってブドウ品種は違いますがブルゴーニュ・ワインです。

それが、同じ価格なら、その品質の差は恐ろしいほどなのです。ボジョレ・ヌ―ヴォーに罪はありませんが、ヌーヴォーばかりが有名になったなめの偏見があるのかも知れません。

 

ブルゴーニュワインが値上がりが続いている昨今、ブルゴーニュワインで最もお得感のあるワイン産地はボジョレでしょう。また、世界的に見ても、そうとうにお得感のあるワイン産地だと思う次第です。

ボジョレ・ヌーヴォー2016を味わって、「これはもったいない!」と感じた方は少なくないと想像します。そんな方々におススメしたいワインはコレです。

また、高品質なワインをお得感を持って味わいたいと思えば、やっぱりクリュ・ボジョレは、間違いなくその候補に挙がるでしょう。

dsc_0188

 

 

 

 

 

 

【ジャン・クリード・ラパリュ ヴィエイユ・ヴィーニュ ブルイイ2011】

ブルゴーニュのテロワールを、そのブドウ品種ガメイを通じて味わえる、確かにブルゴーニュを感じるエレガントな味わいのワインです。

いま楽しむべきワインを賢明に選べば、ボジョレのクリュ・ワインではないでしょうか。

ボジョレを代表する造り手の一人であるジャン・クロード・ラパリュのクリュワイン(ブルイイ)は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ