「ボジョレ2015年」収量は少ないが良い年

 

 

ワイン専門の情報サイト「デキャンター.com」の伝えるところでは、ボジョレではワインメーカーとネゴシアンとの間で、2015年ヴィンテージのバルクワイン取引の最低価格を巡ってもめているらしい。

非公式な合意価格としては、ボジョレ・ヴィラージュ2015、ボジョレ・プリムール2015ともに100リットル€200が最低の取引価格。1本換算では€1.5。

オーガニック・ワインに関しての最低取引は100リットルで€300。

2015年ヴィンテージは近年になく非常に良いワインであり、なおかつ干ばつにより収量は少ないとのこと。それにボジョレ・ヴィラージュとボジョレが同じ価格なのはおかしいと、ワインメーカー側は抗議しているようだ。

また、ボジョレ地区では、高い価格で取引されるオーガニック・ワインがますます注目される傾向にあるようだ。

2015101011450000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最大のボジョレ・ヌーヴォー輸入国として嬉しいのことは、2015年がかなり期待できそうなことでしょう。

また、今年は何年か前のように、大手量販店や大手スーパーあたりでボジョレ・ヌーヴォーが1本480円みたいな、大幅に安い商品はなさそうです。

それでも、例年よりもお得感をもって2015年ボジョレが楽しんでいただけそうです。

おそらく2009年ヴィンテージ以降では、2015年ヴィンテージは最も期待できるワインとなるでしょう。

ボジョレ・ヌーヴォーのご予約はまだまだ承っております。

一部完売の商品も出て来ております。ご希望の方はお早目のご予約をお願い致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ