フランス最小、気合の入った自然派協同組合のワイン「ドメーヌ・デ・バッカント」

気合の入ったフランス最小の自然派協同組合「エステザルグ協同組合」のコート・デュ・ローヌ!

Domaine des Bacchantes 2007  ドメーヌ・デ・バッカント(赤) 2007年 750ml 1,890円

生産者のエステザルグ協同組合は、加盟している生産者数が10名程のフランス最小の組合。全員が科学肥料や除草剤を使わないビオロジック農法を行う自然に優しい栽培を実践。また、それぞれの畑の個性を生かすためにブレンドはせず、別々に発酵させて各生産者名を名乗っているのです。もちろん自然酵母による発酵で、醸造過程でのSO2の使用はしておりません。やたらと気合の入った小規模協同組合なのであります!

場所はフランスのローヌ河南部の町アビニョンの西側に位置し、シャトーヌフ・デュ・パッブやコート・デュ・ローヌなど、良く熟したブドウからボリューム感あるワインが造られる地域。このバッカントも何とアルコール度数14.5度!(よほどブドウが熟さないと、この度数は出まないのです!)ボリューム感のある味わいなのです。

ローヌ地方のワインらしい、豊かな果実味と柔らかな口当たり。色合いもかなり濃く、やや青みがかかった感じ、いかにもポリフェノールたっぷりといった印象なのです。自然なローヌワインの味わいがタップリと味わえる、ローヌワインファンには超おすすめのワインなのであります!

主なブドウ品種のシラーがリッチさを表現し、グルナッシュが爽やかさを与えていて、バランスのとれた味わい。たとえ一晩で一本飲んでも、自然派だから翌朝に残らず爽やか。もちろん数々のワインコンクールでの金賞も受賞しています。

以前、雑誌「アエラ」で銀座のオザミ・デュ・バンのオーナーソムリエである丸山宏人さんが「自宅で飲みたいワイン」として紹介して反響を呼んだワイン。職業柄、夜が遅いのですが、野菜炒めなんかをアテに飲みたいワインなのだそうです。

酒屋のおやじは、自然派ワイン紹介のブログを書く度に思うのです。日本に居ながら、こんなリスクと労力をいとわない、供給量の限定された、評価の高い本物のワインが、2,000円以下で購入できるのですから、物凄く恵まれているなって!フランスでワインが不人気という理由もあるのですが、それにしても恵まれています。

今後、中国などの新興国で高級レストランやワイン売り場が増えて、本物、手造り、といえる様なワインの引き合いがドーンと増える前に家飲みで楽しんで頂きたいのです。そのうち価格が一気に十倍!ぐらいの価値の十分あるワインなのですぞ!(マジメに!)

酒屋のおやじも含め、酒飲みにとってはある意味、今はいい時代です。バブルの頃などと比べ、旨い酒が安く買えるのですから。ただ、バブルの頃と違い、飲んでる余裕がないのも事実なのですが(涙)!

飲むなら、やっぱり今のトレンドに沿って家飲みで楽しむのがいいですね。家族で、パートナーと、友達と、もしくは一人でコピリンコ!これって多分すごく健全で、あるべき姿に戻ろうとしている様に見えますね。正し、その時飲む酒のクオリティーは凄く向上しているのですよ!その恵まれた状況を享受したいと思えば、そこには!そこには!酒倶楽部ステップあるのですぞ・・・パチパチパチ!(笑)まってますよ~!!今宵は野菜炒めで健康的に家飲みだ~!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ