「ボルドー古酒」1996年左岸の当たり年

 

 

「若いボルドーワインを飲むのは、ワインを無駄にしているようなものだ」と著名ワイン評論家は言います。

ボルドーのような伝統的ワイン産地のワインとは、熟成して飲みごろに達するように造られているとのこと。

今回はそんな熟成ワインの”掘り出し物”とよべるボルドー1996年ヴィンテージ・ワインのご紹介です。

2016020711150000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャトー・ローズ・カントグリ 1996 ACムーリ・ザン・メドック クリュ・ブルジョア】750ml @2,200円+税

<1996年は左岸ボルドーワインの当たり年>

ブドウ品種:メルロー57%、カベルネ・ソーヴィニョン41%、プティ・ヴェルド2%

20年熟成の当たり年ワインです。

蔵出しワインのためコルクが新しいものに交換されており、抜栓のときにコルクがボロボロになるようなことはありません。

また、味わいを確かめてからの出荷ですから、味わいの劣化の心配もありません。

 

ムーリスは、マルゴーに隣接している場所にありながら割安感のある産地として知られております。

20年古酒ですから、もちろん色合いはオレンジがかっており、熟成感が感じられます。

しかし、流石は当たり年のワインです。まだまだ枯れた感じには達していません。

その豊かな円熟味と果実味の塩梅は、いままさに絶妙なタイミングと言えるかも知れません。

 

この手のワインはもちろんスポットで輸入され、限定量だけ販売される掘り出し物と呼べるワインです。

ご興味のある方は、お早めにお求めください。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ