本格自然派!の 甘口スパークリング

「この夏は、甘口スパークリングの引きがいいんですよ!

うちも 例年になく アスティ・スプマンテが売れて

欠品おこしちゃいましたよ。不景気のときは 甘口が売れるって言うけど・・・。」 とは、

先日の某輸入業者の営業マンの談!

たしかに 不景気の時は 甘いものが売れるそうですが、

個人的には この暑さで疲れ切った体に リフレッシュ!リラックス!ご褒美!ワインとして

おススメしたいところです。

疲れた時に ほんのり甘いものって美味しいんですよ~!

今回 お奨めするのは ナチュラルな甘味がラブリーな

ドメーヌ・ド・マルチナル メトッド・アンセストラル   750ml  2100円

 

フランス ラングドック地方 リムーの ワイナリー マルチノルのスパークリングです。

 

「メトッド・アンセストラル」とは 直訳すると 「先祖伝来方式」と呼ばれるもので、酵母の添加をせずに、

葡萄に付着している野生酵母が瓶内にて発酵し、

泡ができた(つまり スパークリングになった)という方法のこと。 

 

酵母を添加して 瓶内二次発酵を促しているシャンパン方式がよく知られていますが、そのやり方をあの有名な修道士ドン・ペリニョンさんが発見するはるか以前から 造られているのが 「メトッド・アンセストラル」です。

 

 

この スパークリングの良いのは 何と言っても とっても ナチュラルな自然な甘さ。

いい意味で 葡萄ジュースのよう。

そして 甘味も 果実本来の甘さが残っているのです。

甘味をのこして 発酵がストップするため、

アルコール度数も 一般的なスパークリングワインと比べて 低め。

7%です。

 

 

葡萄品種は モーザック。 この産地で多く栽培されている品種です。

このワイナリーは 低農薬栽培リュット・レゾネに取り組み、そのワインの品質は

この地でも注目されています。

特に 泡ものの 評価が高い!

 

この夏 是非飲んで頂きたい 1本です!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ