新春にじっくり飲み比べてみる 赤ワイン

まだまだ ゆっくりとしたお正月の空気がただよっていますね

こんなゆったりと時間のとれるときこそ じっくりと ワインを飲んでみる

できれば 飲み比べて 味わってみるのも いいですよ

 

そんな 飲み比べのテーマに 今日は 「 チリのカルメネールの産地違い 」 をご提案いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルチャグア ヴァレー にある 2つの産地

それも アンデス山脈沿いの地域 CA 1 と 海に近い地域 CA2

ブドウは カルメネール100%

 

一昨年の ステップ ワイン会では CA1 と CA2の 比較試飲を実施

同じワイナリー、同じ品種、同じヴィンテージ ながら その微妙な味わいの違いが

とても興味深い!

 

いずれも まだ若く豊かな果実味で 力強いタンニンがたっぷりのフルボディ

ながら

山側の CA1 は より自然な果実の甘味があるタンニンが楽しめ

海側の CA2 は よりミネラル感のあるフレッシュな果実味を楽しめる

そんな違いを 参加者と共有しました

 

以下輸入会社の資料より

★ CA1 の 畑について

コルチャグアヴァレーの中でも、暖かいアンデス山脈山麓にあるロス リンゲスの畑。標高370m。アンデス山脈からの吹きおろしの微風が昼夜の寒暖差を均一し、ブドウがよく成熟する。夜の平均気温は10℃、昼夜差は24℃。崩落堆積した、中程度の深さのシスト粘土質土壌。

★ CA2 の 畑について

海からは43kmに位置し、コルチャグアヴァレーのコースタル山脈の畑。標高120-200m。コスタと呼ばれる涼しい海風の影響で昼夜の温度差の大きいエリア。午後に急激に気温が下がり、昼夜差は15℃。主に泥と火山性の物質が混ざった花崗岩土壌。

 

「 テラノブレ 」  という 1993年設立のワイナリー

チリで初めて カルメネール100%ワインを発売したパイオニア

品質の高さと 気品ある味わいで 人気

 

是非 ゆっくりと 飲み比べてみてください

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ