ワインとチーズの会 NO.1

10月4日の酒倶楽部ステップ ワインとチーズの会 「リースリング&ガメイ」で飲んだワインをご紹介します。

ドイツのゼクトです!やはりアイスワインをドサージュとしてつかっているからでしょうか、味わいに深みがあり、

ブリュットとはいっても心地よい果実の甘味がありますので、飲んでいて幸せな気分になるスパークリングワインです。

会の参加者にも好評でした!

ラベルも豪華なので ちょっとした祝いの席にもいいのでは。

ドイツ、モーゼル地方のゼクト ザンクト・ラウレンティウス ブリュット 2006 です!価格は 3600円税込です!

説明は下記に 是非お試しください!

603174513[1]

モーゼル中流域ライヴェン村にある、トップクラスの品質を誇るゼクトグートです。所有者はクラウス ヘレスで、

元々は建築家志望でした。27年前ゼクトを造ろうと決意しますが、両親の反対にあい、実現には多くの時間を

必要としました。当初は資金がまったく無く、ゼクトを造るための設備が揃えられないため、週末に近所のセラーを

手伝って資金を稼ぎ、シャンパーニュの青空市場で中古の設備を買い揃えていきました。また、ゼクトを造っては

シャンパーニュに持って行き、助言を仰ぎました。現在では、シャンパーニュ地方の醸造学校の生徒が研修に来るまでに

なりました。シャンパーニュ地方コート ド ブランにあるメニル シュール オジェ村のグループに、村外で唯一加盟

しているメンバーです。

 

 

ザンクト ラウレンティウス

 ‘98年、’99年、‘00年、’04年に、ドイツの生産者としての最高評価の

スターツ エーレンプライズを獲得しています。そのゼクトはトップブランドとして認知され、スウェーデン王室御用達、

ドイツ政府大統領官邸の迎賓館での国の公式行事用のゼクトに指定されています。生産量が少ないため、個人の

顧客だけに売りたいと考えており、ベルギー、オーストリア、フランスの顧客や高級レストランにも販売されています。

ドイツ国内では、ハノーバーの1業者のみに卸し、EU以外の輸出先は日本(稲葉)のみです。その品質の高さは、

過去ドイツの品評会に出展して、ヴァイスブルグンダーが一回銀賞になった以外、なんと全て金賞を受賞している

ということからも分かります。造るゼクトのスタイルは、酸化の感じられないモダンなシャンパンを手本としていますが、

モーゼルのリースリングの特徴も失いたくないと考えています。マロラクティック発酵も行なっています。動瓶は手作業で

行います。自然酵母を使い、酵母との接触を長く行い、葡萄本来のよいアロマを生かしています。さらに、

すべてのゼクトのドサージュ(甘さの調節)にアイスワインを使っています。「ゴーミヨドイツワインガイド2009」にて1房

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ