ボージョレ・ヌーヴォー 最新情報!

朝・晩の秋風が気持ち良いですね。  そろそろ ワインが美味しい季節がやってきます。

ワイン産地でも、葡萄の収穫がはじまりつつあります。

ボージョレの産地情報もはいってきましたのでお知らせしますね。

8月17日付けの現地ボージョレワイン委員会の 発表では 葡萄畑の衛生状態は申し分なく、

糖と酸のバランスに優れた葡萄を成熟のピークで収穫  

2009年ヴィンテージは 「エクセプショナル」な年 とのこと。

ボージョレでの収穫は8月27日より始まり、9月12日まで続く予定。収量は控えめで一株あたり平均11.8房の収穫が予想されており、これは素晴らしい品質の兆しとも言える。2009年は選果の必要すらない、すばらしいヴィンテージとなり、並はずれた年と言われた2005年を超えるであろう。(以上フランス食品振興会より)

2005年より美味しいなんて嬉しいですね。さて

酒倶楽部 ステップで 毎年いちおし!の ボージョレ・ヌーヴォーは 

「ジャン・クロード・ラパリュ」 

このヌーヴォー飲んだら 本当に目からウロコ!ソフトで上品でそしてフルーティ。心地良い酔い心地を愉しめます!

以下 ラパリュの情報です!

★ 3ッ星レストラン『タイユヴァン』がオリジナルヌーヴォに選んだワイン! 

★ 世界No.1ソムリエ・オリヴィエ・プッシエー氏が選んだ 

★「2003ボジョレーヌーヴォー」で堂々の最優秀賞に選ばれた。

★ 惚れ込んだボジョレーの底力を誠実な思いで表現 !

ナチュラル・マセラシオン・カルボニック=これこそ伝統的なボジョレー !

 

 ラパリュ

「本物のボージョレを作りたい!」

【人柄】  「ボジョレーワインの中にも、ブームやイメージだけに頼らない本当に

美味しいガメイがある」と、祖父の代からワイン造りをしてきたラパリュ氏は、

夢のワインを実現すべくあれこれと苦心して励んでいます。

 

ラパリュの葡萄造りは、化学物質を使用しない自然な栽培法。畑には、畝の間に”けしの花”が咲き乱れ、さくらんぼの樹もあり、いろんな植物が調和した生態系を保っていることがよく感じられます。

その畑で育った味わい豊かなぶどうを生かし、できるだけ醸造の際いじらないように(SO2を最小限に、野生酵母を使うなど)、“そのままの風味を移す” (昔からの醸造方法「マセラシオン・カルボニック」をする)ワイン造りを実践。 だから ラパリュらしい旨味が凝縮した、自然で優しい味わいのボージョレ・ヌーヴォーができあがるのです!

 

BN-1 ラパリュ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー     750ml    3990円(税抜3800円)

              2009年10月31日までに  ご予約いただければ→→→ご予約特価  3600円(税込)  

 

現地の詳しい情報も見れます!   

今年のボージョレ・ヌーヴォに朗報!
ドメーヌ・ラパリュでは、史上最高のヌーヴォが出来そうです。
現地からの収穫レポートを下記サイトに記載しましたので、是非ご覧下さい。
            ↓
http://www.cpvin.com/modules/vininfo/details.php?bid=336

                                  

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ