シュッド・ウエスト ワイン なかなかですよ!

シュッド・ウエスト、フランスの南西地方のワインの試飲会に参加してきました。

 

 

IMG_0956

 

 

 

 

 

 

 

場所は 代官山 ヒルサイドテラスにある

バンケット・パッション。

そうです。

パッションさんのお料理と

シュッド・ウエスト ワインのマリアージュを楽しむ会なんです。

IMG_0951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュッド・ウエスト というと

ピンと来ないという方も多いかも知れません。

 

でも あのボルドー地方の南側にあり

歴史的にボルドーの補強産地として 陰になっていましたが

古くから上質のワインを産みだす産地としても知られています。

 

ワインに慣れ親しんでいる方なら

カオール、マディラン、ガイヤックという

AOP(AOC)をご存知なのではないでしょうか。

このAOPがあるのが シュッド・ウエスト(南西地方)です。

 

 

 

IMG_0947

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史的にアルマニャックの産地であった

ガスコーニュで

フレッシュで スタイリッシュなワインを造り、

革新的な生産者として大人気の

ドメーヌ・デュ・タリケが

1999年に購入した ワイナリー。

ドメーヌ・ラ・イテール。

クリーンで フレッシュ。スタイリッシュな白ワイン。

遅摘みの甘口ワインも魅力的でした。

 

 

IMG_0950

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AOPサンモンの ワイナリー プレモン。

この地域で 昔からワインメーカー達が被っている黒のベレー帽を

ラベルのモチーフにしています。

このワイナリーは ワイン生産者協同体で、

約200人の生産者と 約1000人の葡萄栽培家たちで

5300ヘクタールという 広い畑から

様々な品種の 個性的なワインをつくり出しているとのこと。

今回試飲した

ベレ・ノワール(黒いベレー帽) は

赤は タナ / ピナンク / カベルネ・ソーヴィニョン / カベルネ・フラン

白は グロマンサン / プティ・クルヴュ / アルフィアック

 

といった 聞きなれない地葡萄が使われていますが

とても 飲みやすく、また 味わい深く、そして 値段も手頃でおススメです。

 

 

IMG_0954

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0955

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

今日の一番の掘り出し物は

ジャン・リュック・バルデス。

AOPカオールにある 1830年設立の伝統ある

家族経営のワイナリー。

 

ややもすれば 野暮ったい味わいになる

カオールのワイン。

ここのワインは

ビックリするほどエレガント。

 

現当主のジャン・リュックは

ゴーミヨ誌で

フランス最高醸造家にも選ばれている実力者。

 

この産地 カオールがもつ

複雑なテロワールに注目。

今までは

「カオール」という大きな枠組みの中でしかとらわれなかった

テロワールを小区域にわけ、テロワールの個性を表したワイン造りを

行っています。

また、

カオールの主品種である

マルベック(別名 コット、オーセロワ)は

「本来 繊細で 高貴な品種」という考えで

マルベックの可能性を追求しています。

樹齢100年のマルベックも使われている

プロビュス。

全ての樽を試飲し 最良の樽のみを 瓶詰めするのだとか。

美味しいはずです。

 

是非

シュッド・ウエスト のワイン お試しください。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ