“敬老の日の酒”に関する記事一覧

「長寿の酒」敬老の日に長寿を願うなら

 

 

長寿を願う気持ちをお酒の贈りもので表現するなら、この黒糖焼酎「長寿の酒」はもっとも適したお酒でしょう。

 

 

 

 

 

 

【黒糖焼酎 「長寿の酒」 壺入り】

黒糖焼酎を生涯愛飲され、120歳で大往生された泉重千代さんにあやかって名付けられました。

黒糖焼酎に限らず、本格焼酎が血液の血栓を溶かすことは良く知られた健康効果でしょう。

そんな黒糖焼酎とうまく生涯に渡り付きあえたことが、泉重千代さんが120歳まで長生きできた一つの要因だといわれております。

120歳で大往生されるその歳まで、この黒糖焼酎の晩酌を楽しまれていたとのことですから、まさに「酒飲み上手は長生き上手」ということでしょうか。

もちろん飲み過ぎはいけませんが、美味しくそして楽しくお酒を飲んで、健康で長生きできるのなら、こんなに素晴らしいことはありませんね。

 

泉重千代さんの飲み方:

アルコール度数30度の黒糖焼酎を一日に約7勺(約 126ml)。

これに水を加えて約3倍の量まで薄めます。これによりアルコール度数は約10度となり、量は約2合となります。

その焼酎の水割りに燗を付けて、熱燗もしくはぬる燗でゆっくりとお料理とともに楽しみました。

 

穏やかでややビターさのある甘味があり、クリーンな飲み口の黒糖焼酎の燗酒は、お料理と一緒に楽しむ飲み物として最適です。またお料理のジャンルを問いません。

 

敬老の日の贈りものに黒糖焼酎「長寿の酒」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ひやおろし」敬老の日に、旬な肴と酒

 

 

今度の三連休は「敬老の日」ですね。

最近では晩酌に日本酒を楽しむ方が、ほんとうに少なくなったような気がします。そればかりか、法事に参加しても「日本酒がない!?」みたいなこともあり、飲みもしないのに驚いたりするわけです。

どちらかと言えば最近の自宅での日本酒とは、ちょっとハレの日に、ちょっといい日本酒、みたいな感じでしょうか。

「健康」がキーワードなのかも知れませんが、焼酎やワインの方が身体に良いとされているため、「ホントは日本酒を晩酌にやりたいんだけど・・・・・・」みたいな方が、健康診断を受けるたびに増えて行くことになるのかな。

・・・・それでも、今度の三連休は年に一度の敬老の日。

たまには、旬を迎えるうまい肴をアテに、やはりこの時期がもっとも美味しくなると言われる日本酒を楽しむのも、わるくないアイデアではないでしょうか。

DSC_0096

 

 

 

 

 

 

【ひやおろし 各種】

暑い夏を過ぎたこの時期の日本酒は、もっとも美味しいとされておます。そんなこの時期に出荷される酒を「ひやおろし」もしくは「秋あがり」と呼びます。

夏を超すことで熟成され、よりやわらかく、より旨みを感じる、円熟と呼ばれるような美味しさになるわけです。

また、脂ののったこの時期の魚も美味しい。

刺身でよし、焼いてよしでしょう。

それでも日本人にとってのご馳走といえば、やっぱりお刺身でしょう。

今度の三連休の「敬老の日」には、脂ののった旬のお刺身をアテに、うま味ののった「ひやおろし」を、みんなで一緒に楽しまれては如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「オー・ヘンリー」 ”ほんとうに旨い焼酎をくれ!”

「ほんとうに旨い焼酎をくれ!」

酒屋として試されている瞬間です。

こんな時、もしお客様のご希望が麦焼酎なら、この「オー・ヘンリー」は迷うことなくおススメできる商品の一つ。

多くのこだわりのお蕎麦屋さんで、そば前の酒として使われていることから分かるように、この「オー・ヘンリー」はその洋風の名前からくる印象とは裏腹に、和食系のアテとの相性がバツグンに良いのです。

o.henry-225x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麦焼酎 【O.Henry 15years (オー・ヘンリー15年) 】 AL28% 750ml 5,000円外税

以前にも「オーヘンリー」はこのブログでご紹介させて頂きました ⇒ https://www.stepstep.biz/?s=オー・ヘンリー (技量が足りないせいかリンクが張れません)

「もろみで1年間寝かせた後に蒸留し、蒸留後最低10年以上熟成させるまでは世に出してはならぬ! 」との創業者のポリシーが受け継がれた15年熟成の麦焼酎です。

この「オー・ヘンリー」の名付け親は池波正太郎先生の元書生さんであった鉢山亭虎魚(はちやまていおこぜ)さん。

「酒を飲まぬくらいなら蕎麦屋なんぞに入るな!」が池波先生の口ぐせ。そして、元書生の鉢山亭虎魚さんは、酒のなかでもオー・ヘンリーの置いていない蕎麦屋へはまず行かなかったとのこと。

それがこだわりのお蕎麦屋さんでオー・ヘンリーを出すようになった理由なのかも知れません。

両国の有名な蕎麦屋さんで、「名物の蕎麦豆腐の揚げ出しを肴にオー・ヘンリーを飲ったら、もう他の蕎麦屋へは行く気がしない!」と言うほどに惚れ込んだ酒なのです。

また、「この稀代の佳酒にも一つだけ難がある。うますぎて、ついつい飲み過ぎることだ。」・・・「だが流石、年代物の焼酎。他の酒だったら翌朝枕から頭が上がらないほど飲んでも、必ずスッキリ上機嫌で目が覚めるのだ」とも。

 

「ほんとうに旨い麦焼酎で敬老の日を祝ってあげたい!」

きっと、そんな思いに応えられるお酒だと思います。

敬老の日の酒に、食通にも愛されたこだわりの熟成麦焼酎「オー・ヘンリー」は如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ