“三百年の掟やぶり”に関する記事一覧

「氷温熟睡 夏蔵出し 生酒」三百年の掟やぶり

ボリューム感ある飲み応えありの生原酒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無ろ過槽前原酒 氷温熟睡 夏蔵出し 生酒 本醸造 「三百年の掟やぶり」 AL19%~20% 720ml 1,050円

 みちのくの老舗蔵、寿虎屋酒造さんが醸す限定販売の生原酒です。冬場の寒造りで仕込んだ生原酒を氷温で貯蔵熟成させた、フレッシュな生の風味と、貯蔵熟成したやわらかさ、たっぷりとした飲み応えが魅力の酒。

アルコール度数20%の生酒のボリューム感は、やはり迫力があります。飲み口フレッシュ&やわらかながら、そのたっぷりとしたボリューム感は、「軽やかにサラサラ~っと気楽に楽しも~!」ってのとは正反対に「たっぷりと、確かにこの旨い酒を味わいつくしたぜ~!ワイルドだぜ~!(笑)」みたいな充実感や満足感があるのです。

だから一杯飲み終わった直後に「プハ~!」って言いますよ!きっと!

 また、氷を浮かべてオンザロックでもイケます。むしろ夏にはその方が良いかも知れません。炭酸水で割っても、より喉ごし爽やかにグビグビと楽しんで頂けます。どちらにしてもよ~く冷やした方が旨そうですね。

実は酒屋のオヤジは先程、ありがたいことに「いぶりがっこ」という沢庵漬けを頂戴しました。これはボリューム感ある生酒に合うかも!さっそく今晩はキンキンに冷やしたたっぷりとした生酒で、いぶりがっこをアテに、ディープに飲っつけたろ~かなと、ながっちり~ノ飲んベーとしては、その快楽への期待に胸をふくらませている次第なのでありますよ・・・むふふ・・・・!!

旨みのあるアテに、たっぷりとした冷たーい生酒は如何ですか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「三百年の掟やぶり」しぼりたて無濾過生酒

たっぷりと旨い無ろか槽前原酒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無ろか槽原酒 「三百年の掟やぶり」 本醸造しぼりたて生酒 AL19~20% 1800ml 2,100円 720ml 1,050円

ある新聞のコラムで某有名弁護士さんが大絶賛した、山形県産の原料にこだわった個性ある味わいの生原酒。

甘口、辛口を示す日本酒度は大辛口ともとれる「+7」。アルコール度数は19~20度と高い。香り高く、酸味もしっかり。ガッチリとしたしぼりたてのフレッシュな風味が楽しめる生原酒です。

一昨年前まで酒倶楽部ステップでは冬場になると人気の生原酒がありました。その人気の生原酒が何らかの理由により造られなくなったため、前回の冬場にいくつかの生酒を揃えて販売させて頂いたんです。そんな中で、人気のあった生酒の一つが、この「三百年の掟やぶり」でした。

一般的な生酒の楽しみ方と同じように、冷やでガッチリとしたフレッシュさを楽しむのももちろん良いのですが、氷を入れてオンザ・ロックにしても十分に風味を楽しめます。また、炭酸で割って最近流行りのハイボールにするのもイケると思います。

お試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

しぼりたて生原酒「三百年の掟やぶり 無ろか槽前原酒」

300年の蔵の掟をやぶって、無ろかのまま瓶詰めした搾りたて生原酒です。

「三百年の掟やぶり 本醸造 無ろか槽前原酒(ふなまえげんしゅ)」 (生原酒) 一升 2,100円  720ml 1,050円

約300年の歴史をもつ山形県の老舗蔵、寿虎屋酒造さんが社訓である「蔵酒はすべて濾過して出荷するべし!」をやぶり、それまで蔵で働く蔵人しか味わうことのできなかった搾りたての生酒を本醸造仕立てにて瓶詰めした酒です。

山形県を代表する酒米、出羽燦々を使用し蔵王山系伏流水を仕込み水として使用。辛さを示す日本酒度は+8と大辛口。アルコール度数は原酒の中でも高い19~20度とかなり個性的な無濾過の生原酒。

味わいは大辛口ではありますが無濾過の生原酒のため、たっぷりとした旨味やフルーティーさがあり、あまり辛さは感じません。弁護士でありエッセイストの木村晋介さんは新聞のコラムでこのお酒を絶賛しており、曰く「20度のアルコール分というのにまことに爽やか。夢のような芳香秀味の逸品。」と表現されております。

アルコール度数20度の日本酒の味わいは、まろやかなのですが濃くて強いガツンとくる飲み口。たっぷりとして旨いのですが、やや危ない感じも正直あります。そんな時は炭酸で割って今流行りの日本酒ハイボールにして楽しむのもおススメです。

日本酒ハイボールでは口当たり良くフレッシュな爽やかさが楽しめ、グビグビと爽やかの飲んじゃえます。無濾過生原酒特有の桃やメロンのニュアンスのある魅惑の味わいを気軽に楽しんじゃいましょう!!


にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ