“レモンサワー”に関する記事一覧

うめサワー VS レモンサワー

 

 

最近はレモンサワーがブームなのだそうです。

すごい飲食店さんでは、”究極のレモンサワー”を開発し、看板メニューにされているのだとか。

たしかに飲み会にでも誘われれば、ハイボールと同じぐらいレモンサワーを飲みますから、人気なのはわかります。

それでも、こと酒倶楽部ステップのみの販売に限定すれば、圧倒的に焼酎用フレーバーは「うめ」系の方が人気なんです。

そんなことで、酒屋としては”究極のうめサワー”を開発して、飲食店さんの看板メニューにしても面白いのではないか、とも思うのです。

 

 

 

 

 

 

【焼酎用のうめ系フレーバー】

「レモン」と「うめ」はサワー系フレーバーの世界の二大巨頭でしょう。

もしこの二つのサワーの究極を探求するとすれば、漬物である梅干しからつくる「うめサワー」の方が、かなりの高級感あるサワーができあがるのではないでしょうか。

また、商品化されている焼酎用フレーバーを独自の配合でブレンドしてみても面白いのかも知れません。

 

レモン系、うめ系と両方のフレーバーを同時にご購入されるお客様もおられますが、酒倶楽部ステップのみの販売を見る限りでは「うめ味好きは意外に多い!」のです。

そんなことで「レモンサワー VS うめサワー」は、一般的には「レモンサワー」の勝利なのかも知れませんが、こと酒倶楽部ステップに限っては、圧倒的に「うめサワー」が優勢なのです。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「パンチ レモン シロップ」一頭地を抜いてるかも!

ポッカサッポロF&Bさんって、この分野では最強かも知れません!

いわゆる業務用割り材の分野です。

今年発売されたばかりの焼酎用のレモン・シロップですが、そのインパクトのある印象の名前とともに、味わいもこの分野のレモン・シロップとしては一頭地を抜いている印象なんです。

2014092110490000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポッカサッポロF&B 【パンチ レモン シロップ】 業務用 1000ml 主にレモン・サワー用

その味わいは何とも本格的です。爽快感ある酸味のレモン風味に、レモングラス系のハーブやライム、ミントなどを思わせるハーブ感があるように感じます。また充実感あるレモンのコクもあり、レモンサワーとしてのボリューム感ある味わいに仕上がるんですね。

なかなか良く出来た、他にないレモン・シロップだと思います。

一般的にレモン・サワーは甲類焼酎をベースにしてつくりますが、このハーブ感をよりいかすなら「ジン」あたりをベースにつくってもイイ感じではないでしょうか。

まだ発売されたばかりではありますが、コレ系のコアなファンのお客様は、「このシロップは、オレにとっては他を完全に超えたって思ってるんだ!」と、「でも、たまにはバイスやテンバ、クエン酸あたりも飲りたくなるから、まとめて買っても安いし、家に並べてんだよ!」っておっしゃってました。

酒場放浪記系スタイルでの家飲みも楽しそうです。

一頭地を抜いた感のあるレモン・シロップ「パンチ レモン シロップ」のレモン・サワーは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「ホッピー・レモンサワー」老舗酒場の定番!

ホッピービバレッジさんの定番商品。伝統ある居酒屋さんの味わいです。

ホッピービバレッジのレモンサワーとキンミヤ焼酎でつくりました。(氷なしの方が美味しいと思います)

古くから営まれている居酒屋さんには、「うちのレモンサワーは、これ一本槍で~い!」みたいなお店さんも少なくないのです。実際に飲めばわかるのですが、スッキリ、サラッとしていて、甘みが抑えられているため、甘ったるさはなく、サッパリと、スッキリと、ゴクゴク喉ごし良く楽しめる味わいなのです。

昨晩、ふと思い立ってホッピービバレッジさんのレモンサワーとキンミヤ焼酎を楽しんでみたんです。うっかりしてしまったのは、両方とも冷やしてなかったため、氷を入れて味わいが薄まってしまったこと。それでも蒸し暑い昨日みたいな日には、グビグビと飲めて、酒屋のオヤジのような肉体労働者には嬉しい飲み物でした。おもわず2杯ほど一気飲みしてしまったほど(汗)!

ある程度の歳を過ぎると、甘ったるい味わいのチューハイがダメになるんですよね。その点、このホッピービバレッジさんのレモンサワーは長年おやじさん系に愛されたサッパリ味。久しぶりに飲むと、「あれ!レモンサワーってこんなに美味しかったけ!?」って感じること間違いなしなのですよ。

ある程度以上の年代の方におススメです。試してみて下さいね!

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ