“モンバジャック”に関する記事一覧

スタンダードなおススメワイン 貴腐ワイン

あま~いあま~い 極甘の デザートワイン。

毎日とは いいませんが たまに 飲みたくなりますね。

ステップでも いろいろな甘口ワインがありますが なかでも 貴腐ワイン というと 甘口のなかでもとっても特別感があると感じるお客様が多いように思います。

 

そんな貴腐ワインの代表が ボルドー地方のソーテルヌです。

黄金色に輝く 甘いワインは 多くの人を魅了しますよね。

その ソーテルヌ地区のとなりにある 南西地方の モンバジャックを ご存知ですか。

ソーテルヌのような貴腐ワインをつくっている産地です。 その歴史は ソーテルヌより古く、モンバジャックの貴腐ワインは ソーテルヌに比べても 手頃な価格のため 知る人ぞ知る デザートワインなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015

ソーヴィニヨン・ブラン 100%で造られる 甘口ワイン

ハチミツや砂糖漬けのかりんのような 甘く、華やかな香り 心地良い酸味もともなったすっきりさの伴った甘さなので 嫌味なく 愉しめます。

昨年末の ワイン会では ハンドメイドのフルーツケーキと合わせましたが、フルーツケーキのなかのドライフルーツと抜群の相性でした!

遅摘みの葡萄で 貴腐菌がついた良年のヴィンテージしか造られません。

フランス 南西地方ベルジュラックに位置し、1612年まで歴史を遡ることのできるシャトー・スービル。 現在、ワイナリーを引き継ぐ ステファン・キャレールいわく、「良質のワインを造り出すために必要なことは 良い土壌、適切な台木の選択、土壌に適合した葡萄品種、日当たりの良さ、そして何よりもワイン造りの仕事が大好きなこと」

こだわりのおススメワインです。

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015   3,500円+税

にほんブログ村 酒ブログへ

「モンバジャック」隠れた貴腐ワイン産地の名品Ch・スービル

数年に一度、出来の良い年にしか生産されない貴腐ワインが入荷しました。

2013121213340000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【シャトー・スービル ルー・ヴィエイユ モンバジャック2012】極甘口 白の貴腐ワイン AL13.5%750ml 3000円外税

 フランスの貴腐ワインといえば、ボルドー地方のソーテルヌが有名すぎるほど有名で、ブランド力も高いのですが、そのソーテルヌの近くに、ベルジュラック地方のモンバジャックという貴腐ワインの産地があります。

フランス産、高級甘口貴腐ワインとしてはソーテルヌの陰に隠れて目立ちませんが、モンバジャックの貴腐ワインの歴史はソーテルヌよりも古いのだそうです。

また品質もソーテルヌのトップブランドに負けない水準の貴腐ワインもあると言われております。

しかし、そのブランド力には格差があるようで、モンバジャックの貴腐ワインはソーテルヌに比べて品質の割にお得感があるように感じます。

このシャトー・スービルでは数年に一度、出来の良い年にしか貴腐ワインの生産は行っておりません。ここ数年は当店にも入荷がありませんでした。そのため2012年ヴィンテージは久々の入荷なのです。

 貴腐ワインらしく複雑味のある大人の甘さのワインです。一般的にはフォアグラやブルーチーズ、デザートに合うと言われております。また、食後に単独でも十分に楽しんでいただけると思います。

クリスマスの集まりには、意外に気の利いた一本ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「貴腐ワイン モンバジャック」Xマスに酔う官能的な甘さ!

フランスの貴腐ワインといえばソーテルヌが有名過ぎるほど有名なのですが、そのソーテルヌの近くにモンバジャックという貴腐ワインの産地があります。驚いたことに貴腐ワインの歴史は、モンバジャックの方が古いのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・スービル ルー・ヴィエイユ モンバジャック 2009 AL13.5% 750ml (極甘口 白の貴腐ワイン) 3,150円

貴腐ワインの産地としてはマイナーな産地のためか、ソーテルヌと比べるとヒジョーにお求めやすい価格が最大の魅力でしょうか。味わいはソーテルヌ産の貴腐ワインと比べればややサッパリしている感じもありますが、その分飲みやすい。

質の良いワインで定評があるシャトー・スービルが数年に一度の良い年のみに造る貴腐ワイン。2009年が百年に一度の当たり年と呼ばれたのは周知のとうりですが、いま飲むのがもったいないほどのポテンシャルもあわせ持つワインです。

そのただ甘いだけでなく、様々なニュアンスを感じさせる複雑で、奥行きのある甘さは、大人のクリスマスにピッタリのワインといえます。

 最近のクリスマスらしく、シュトーレンやクリスマス・プディングをアテに飲るのも良いのですが、貴腐ワインとブルーチーズの相性の良さは、生牡蠣とシャブリぐらい有名ですね。また、フォアグラや生ハムなどをアテにしてもイケるし、野沢菜の漬物あたりでもちょっとシブ過ぎですが、おいしく飲れると思います。

でも本当に素晴らしいマリアージュは、温かいお部屋で貴腐ワインを片手に、食後に二人っきりで楽しむおしゃべりでしょうかね!

二人っきりのクリスマス・・・・・(笑)!電気を消して、キャンドルに灯りをともしたら・・・・・(汗)、そこからは・・・・ムフフの・・・・・スイート・クリスマスの始まり始まり・・・!  優雅な貴腐ワインを片手に・・・・官能的に・・・・そして雅に・・・・・・一晩中・・・・・複雑味のある甘さがおりかさなる、あま~い、あま~いスイート・クリ・・・おっとヤバイ(笑)クリスマスでした!!(失礼しました!汗)

みたいなことがしてみたかったと、今ごろ夢見てるイイ歳こいた酒屋のオヤジでした(汗)!

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ