“ボジョレ・ヌーヴォー”に関する記事一覧

「レミ・デュフェイトル ボジョレ・N2015」ミネラル感、エレガントさ・・会心のでき!

 

 

ボジョレに彗星のごとく現れた若手自然派生産者レミ・デュフェイトルの、日本に初入荷となるボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2015年ヴィンテージ情報が入ってきました。

レミ・デュフェイトルとはジャンクロード・ラパリュやジャン・ファイヤールに師事しながら、今では彼らに匹敵するレミならではのミネラル感、エレガントさを持ったワインを造りだす生産者。

2015110517570000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【レミ・デュフェイトル 会心のヌーヴォー】

”乾燥、猛暑の2015年”

2015年は8月24日から収穫をスタートした。

今年のボジョレ地区は猛暑と乾燥でブドウの熟度が上がるのも早く、例年より2週間ほど早く収穫を始めた。

ヌーヴォー用のブドウは、ボジョレ地区でも一番ブドウが熟す サンテチェンヌ・ラ・ヴァレンヌ と サンテチュンヌ・ラ・ウイエール のレミのドメーヌ周辺のブドウで、平均樹齢は50年~60年。

ただでさえ収穫量の少ない古木であるが、乾燥の影響で1haあたり24hlしか収穫できなかった。

”完璧なマセラシオン・カルボニック”

ブドウは小粒でしっかりとした皮の厚さを持っているため、ブドウの重みでブドウの房がつぶれることなく完璧なマセラシオン・カルボニックができたという。

また、今年のような暑い年でもフレッシュ感を損なわないため、収穫したブドウは5度~6度に冷やしてからマセラシオンを行った。マセラシオンの期間は15日間。

乾燥の年ながら、レミのワイン特有のミネラル感、凛とした酸があり、エレガントなヌーヴォーを造り上げた。

2015年はレミ会心のヌーヴォーとのこと。

 

2015年ボジョレ・ヌーヴォーは11月19日よりお楽しみいただけます。

高品質、少量生産のヌーヴォーをお楽しみ下さい。

にほんブログ村 酒ブログへ

「ボジョレ2015年」収量は少ないが良い年

 

 

ワイン専門の情報サイト「デキャンター.com」の伝えるところでは、ボジョレではワインメーカーとネゴシアンとの間で、2015年ヴィンテージのバルクワイン取引の最低価格を巡ってもめているらしい。

非公式な合意価格としては、ボジョレ・ヴィラージュ2015、ボジョレ・プリムール2015ともに100リットル€200が最低の取引価格。1本換算では€1.5。

オーガニック・ワインに関しての最低取引は100リットルで€300。

2015年ヴィンテージは近年になく非常に良いワインであり、なおかつ干ばつにより収量は少ないとのこと。それにボジョレ・ヴィラージュとボジョレが同じ価格なのはおかしいと、ワインメーカー側は抗議しているようだ。

また、ボジョレ地区では、高い価格で取引されるオーガニック・ワインがますます注目される傾向にあるようだ。

2015101011450000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最大のボジョレ・ヌーヴォー輸入国として嬉しいのことは、2015年がかなり期待できそうなことでしょう。

また、今年は何年か前のように、大手量販店や大手スーパーあたりでボジョレ・ヌーヴォーが1本480円みたいな、大幅に安い商品はなさそうです。

それでも、例年よりもお得感をもって2015年ボジョレが楽しんでいただけそうです。

おそらく2009年ヴィンテージ以降では、2015年ヴィンテージは最も期待できるワインとなるでしょう。

ボジョレ・ヌーヴォーのご予約はまだまだ承っております。

一部完売の商品も出て来ております。ご希望の方はお早目のご予約をお願い致します。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ