“バルベーラ・ダルバ”に関する記事一覧

来年は亥年~いのししラベルのワイン~

今年も 残すところ1ヵ月を切ってしまいましたね。

ステップでも 来年のカレンダーをお配りしていますが、去年 お渡ししたことが ほんとについこの間のことのように 思い出されて お客様にも つい 今年はもう差し上げたかしらと 確認してしまいます(#^^#)

年賀状の準備もまだ していない私ですが お正月用に 美味しいワインを見つけましたので ご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いのしし ラベルの バルベーラ・ダルバ スペリオーレ

イタリアの赤ワインです

バルベーラという葡萄を100%使用

エレガントな口当たりですが ボリューム感もあります

 

熟した黒い果実の香りに 爽やかなハーブ かすかに タバコやナッツの香り

たっぷりとした果実味と柔らかですが、しっかりとした酸

バランス良く スムーズな口当たり 余韻にエレガントな樽香

 

イタリア ピエモンテ の 生産者組合

約400人の葡萄生産者組合だから 良い畑・良いワインだけを選んで瓶詰めできることがメリット

毎年 買った葡萄の30%前後をバルクで売ってしまうそう

 

亥年は 無病息災といわれているそうですね

なぜなら

イノシシ肉は 万病さえも防ぐ、予防力があるとされているのだとか

 

来年の始めは いのししラベルを 囲んで 家族一同 無病息災の1年に してみませんか

 

テッレ・デル・バローロ バルベーラ ダルバ・スペリオーレ 2015 1,390円+税

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ロベルト・サロット」ピエモンテ初のアパッシメントでやわらか

 

 

取扱いワインのクオリティの高さで定評のある、ワイン輸入会社の稲葉さんが主催されたイタリア・ピエモンテのワイン生産者「ロベルト・サロット」のテイスティング・セミナーに呼んでいただきました。

白ワインのガヴィ、赤ワインのバルベーラ・ダルバ、ランゲ・ネッビオーロ、バルバレスコ、バローロを生産されており、そのレベルは素晴らしく高い。

白ワインのガヴィはミネラル感に、柑橘系のようなほろ苦さと甘みが特徴的。長く低温発酵させることにより、やわらかく、香り豊かで長期熟成が可能な白ワインとのこと。

赤ワインのバルベーラやネッビオーロはアパッシメント(陰干しブドウ)の製法により、タンニンがやわらかで、甘みや苦みのバランスがよく、今飲んでも美味しく、熟成させても美味しいワインです。

ロベルト・サロットさんは、ピエモンテで初めてアパッシメントによる製法を取り入れました。

2015022315440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【ロベルト・サロットのネッビオーロ(左二つ)とバルベーラ(右二つ)】

ピエモンテの代表的高級ワインのネッビオーロは、見た目に高級感あるガーネット色(うす茶色がかった赤)。特にバローロの味わいは一般的にいろいろですが、このロベルト・サロットは、やわらかでエレガント。

バルベーラとは一般的にはどこか牧歌的な、どちらかと言えば庶民派な肩肘張らないワインでしょうか。ロベルト・サロットさんのバルベーラは濃いルビー色、果実味豊かでリッチなの味わい。ワインランク上のバルベーラです。

・・・・・・・・・・ピエモンテのネッビオーロ種とバルベーラ種のワインとは、いろいろで、いやはやホントに難し過ぎる世界だと思います・・・・・でも、ロベルト・サロットなら大丈夫。今飲んでも熟成させても美味しいのです。

「飲み頃まであと20年・・・・」みたいなバローロじゃ困っちゃいますよね(汗)!

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ