“ワイン”の記事一覧

フォントディ キャンティ・クラシコ ヴィーニャ・デル・ソルボ2010

 

 

キャンティの最上級ワインです。

 

 

 

 

 

 

【フォントディ キャンティ・クラシコ ヴィーニャ・デル・ソルボ2010】

力強くてパワフルな味わいの長期熟成タイプのキャンティ・クラシコ。

その評価は非常に高く、「ヴィーニャ・デル・ソルボはキャンティ・クラシコが到達しうる国際的なスタイルの最高水準点と言える。驚くほどに素晴らしい」と称賛されるほどなのだとか。

ご存知のようにキャンティには、かなり幅の広いレンジの味わいが存在します。それを大ざっぱに分ければクラシックスタイルとモダンスタイルでしょうか。

このヴィーニャ・デル・ソルボは国際的評価の高い、濃厚で肉厚なモダンスタイル。

よく熟したヴェルヴェッティなタンニン分が上質さを感じさせるとともに、熟成のポテンシャルを感じさせます。

まさに特別な日のキャンティでしょう。

特別な日のお肉料理に合わせてみては如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

アジェンダ・アグリコーラ サン・ジュゼッペ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2007

 

 

有機の認証を取得しているブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。

 

 

 

 

 

 

【アジェンダ・アグリコーラ サン・ジュゼッペ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2007】有機認証ワイン

オーナーのステッラ・ディ・カンパルト女史は、この2007年ヴィンテージを「最高の収穫の内の1つ」と評価しているのだそうです。

輸入会社さんの資料によれば、2007年ヴィンテージは複雑で深みがあり、オーナー自身もお気に入りのヴィンテージとのこと。

2007年の暖冬であったが春、夏、秋ともに安定した気候は、収穫時期まで継続。8月初旬適量降雨したことで、ブドウに過度なストレスを与える事無く熟成を促し、健康で素晴らしい収穫に至った。

純粋、内相的でクラシックなヴィンテージ。熟成により才能が開花するタイプのワイン。今楽しむなら、数時間前の抜栓とデキャンタージュがお勧め。

完熟チェリーやイチゴの、小粒な果実の可愛らしい印象。優しい口当たりに滑らかな舌触り、心地よい酸がベースの長い余韻と徐々に湧き出る旨み、それらを包み込む果実風味が魅力。

熟成によるポテンシャルの高いワインです。

特別な日の特別なワインに如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ポッジョ・ディ・ソット ブルネロ・ディ・M 2011

 

 

ブルネロ・ディ・モンタルチーノを代表するワイナリーのひとつであるポッジョ・ディ・ソットです。

 

 

 

 

 

 

【ポッジョ・ディ・ソット ブルネロ・ディ・モンタルチーノ2011】

イタリア・ソムリエ協会が発行するワインガイドにて「イタリアの赤ワインNo.1」を獲得するなど華々しい経歴のワイナリー。

また、あの「神の雫」にも登場したのだとか。

銘醸地ブルネロ・ディ・モンタルチーノでも最高峰のワインと言うだけでなく、イタリア最高峰のワインのひとつなのです。

 

この地を訪れたことのあるお客様の話では、この地で味わった「ブルネロのワインとTボーン・ステーキ」がとんでもなく美味しかったとのこと。

もちろんお値段はそれなりなのでしょうが、一度ぐらいは経験してみたいと思った次第です。

 

特別な日の肉料理と合わせてみては如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

バルバレスコ・リゼルヴァ・モンテスファーノ2009

 

 

イタリアワインの最高各付けDOCGであり、「イタリアワインの女王」とも評されるバルバレスコです。

 

 

 

 

 

 

【バルバレスコ・リゼルヴァ・モンテステファーノ2009】

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ(バルバレスコ生産者共同組合)

造り手のプロデュットーリ・デル・バルバレスコは協同組合ではありますが、加盟できるのは優良ぶどう栽培農家と認定された農家のみ。

妥協のない厳しい品質基準で、高品質なワインを造りだしています。また世界でも最も優れた共同組合のひとつとされているのだそうです。

 

力強さが特徴と言われるイタリアワインの王様「バローロ」も、エレガントさが特徴と言われるイタリアワインの女王「バルバレスコ」も、この地のワインは個性ある肉料理によく合います。

こだわりの肉料理にイタリアワインの女王は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

カーヴ・ド・タン エルミタージュ2013

 

 

その昔、フランスの貴族のワインと言えば、「シャンパーニュ」「ブルゴーニュ」そして「エルミタージュ」であり、ボルドーワインなどは庶民のワインだったのだそうです。

そんなフランス貴族に愛されたワインのひとつである「エルミタージュ」です。

 

 

 

 

 

 

【カーヴ・ド・タン エルミタージュ2013】

シャンパーニュやブルゴーニュと比べると、またボルドーなどと比べれば、やや地味な印象ではありますが、歴史的にはフランス最高峰のワイン産地と言えるでしょう。

またロシア皇帝にも愛されたワイン生産地なのだとか。

高級ワイン産地である北ローヌ最大にして、エルミタージュの代表的存在の共同組合カーヴ・ド・タンが生産する高品質ワインです。

地域で最大規模の生産者であるため、品質に対する価格にもお値打ち感があります。

 

その昔、フランス貴族やロシア皇帝に愛された「エルミタージュ」は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ