“ワイン”の記事一覧

成人の日に 生まれ年のワイン

明日は 成人の日ですね。

先ほど 素敵なお客様がいらっしゃいました。

「 ご相談したいこがあるんですが・・・ 」 と 若い男性が おっしゃるので 「 どんなことですか?」とお聞きすると 「 明日の成人の日に 両親へ 自分の生まれ年のワインをプレゼントしたい」と いうのです!

子供の成人祝いに 親が 子供の生まれ年のワインをプレゼントするから ワインを選んでほしいという ご相談は よくあるのですが、 子供から親への プレゼントは 初めて!

スタッフ一同 感動してしまいました!

そして ラッキーなことに 1998年の ワインが  ステップにはありましたので 迷わず これを おススメしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルミータ・デ・サンロレンソ グラン・レセルバ 1998 

スペイン アラゴンの コストパフォーマンスの高いワイン造りが評判の造り手

ガルナッチャ60% カベルネ・ソーヴィニョン40%

やわらかい渋味と果実味が愉しめます

 

「メッセージカードを 添えたら。」 と おススメすると 苦手と おっしゃるので 私の書いた伝筆メッセージカード「感謝」に ご自分のお名前だけ 書いていただいて ラッピングに添えました♥

どんな 顔で ご両親は 受け取るのかしら。

 

なんだか ほっこりする 素敵な気持ちに包まれました!

にほんブログ村 酒ブログへ

ワインと料理のペアリングを確認してみる

料理とワインの 相性 って

普段の食事の中で 確かめるのは 意外と難しいですよね。

でも 今年は ペアリングを確かめる機会を たくさん つくりたいと思っています。

 

さっそく 先日 チキンカレーを 造ったので ペアリングしてみました。

定番の組み合わせ として よく 紹介されている 鶏肉のカレーと フランスジュラ地方のヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)。

ヴァンジョーヌを溶かしソースの 鶏肉料理も 有名ですよね。

今回は ヴァン・ジョーヌのストックがないので ジョージアのオレンジワインで 合わせてみました。

ダサバミのルカツィテリ です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クヴェブリで 醸したオレンジワインの 滋味深い旨味が チキンカレーのスパイシーさと合いますね。

ただ ルカツィテリの酸味の強さが ちょっと違和感あるかも。

今回 のチキンカレーは バターがたっぷりなので。

バター といえば やはり こってり シャルドネかなと 思い、

プエール・モネ ブルゴーニュ・シャルドネ を合わせてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こってりというより まろやかでエレガントな シャルドネですが やはり バタリーな感じがこのチキンカレーに とても合いました。

 

個人的な嗜好のちがいも ありますが、 今年は こんな ペアリング体験を ブログに 載せていきますね。

にほんブログ村 酒ブログへ

スタンダードなおススメワイン 貴腐ワイン

あま~いあま~い 極甘の デザートワイン。

毎日とは いいませんが たまに 飲みたくなりますね。

ステップでも いろいろな甘口ワインがありますが なかでも 貴腐ワイン というと 甘口のなかでもとっても特別感があると感じるお客様が多いように思います。

 

そんな貴腐ワインの代表が ボルドー地方のソーテルヌです。

黄金色に輝く 甘いワインは 多くの人を魅了しますよね。

その ソーテルヌ地区のとなりにある 南西地方の モンバジャックを ご存知ですか。

ソーテルヌのような貴腐ワインをつくっている産地です。 その歴史は ソーテルヌより古く、モンバジャックの貴腐ワインは ソーテルヌに比べても 手頃な価格のため 知る人ぞ知る デザートワインなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015

ソーヴィニヨン・ブラン 100%で造られる 甘口ワイン

ハチミツや砂糖漬けのかりんのような 甘く、華やかな香り 心地良い酸味もともなったすっきりさの伴った甘さなので 嫌味なく 愉しめます。

昨年末の ワイン会では ハンドメイドのフルーツケーキと合わせましたが、フルーツケーキのなかのドライフルーツと抜群の相性でした!

遅摘みの葡萄で 貴腐菌がついた良年のヴィンテージしか造られません。

フランス 南西地方ベルジュラックに位置し、1612年まで歴史を遡ることのできるシャトー・スービル。 現在、ワイナリーを引き継ぐ ステファン・キャレールいわく、「良質のワインを造り出すために必要なことは 良い土壌、適切な台木の選択、土壌に適合した葡萄品種、日当たりの良さ、そして何よりもワイン造りの仕事が大好きなこと」

こだわりのおススメワインです。

 

シャトー・スービル AOCモンバジャック 2015   3,500円+税

にほんブログ村 酒ブログへ

スタンダードなおススメワイン ローヌ

このワインも 定番として 長くステップでは 販売しています。

飲まれた方には 好評。  濃すぎず、軽すぎず。 バランス良くて 満足感があっても。

食事にも合わせやすいし、 有機農法の自然派だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドメーヌ・デ・バッカント  AOCコート・デュ・ローヌ 

エステザルクという とても小さな協同組合が造るワイン

10軒ほどの生産者が 手の行き届いた丹念なブドウ栽培を実践。

化学物質を一切使用しない有機農法。樹齢の古い古木。土壌の個性を活かした区画ごとの栽培。グランクリュ並みの低収量。土着の天然酵母を使っての醗酵。亜硫酸塩は瓶詰め時のみ。といった手のかかることを実践し、がぶ飲みワインを造る今までの協同組合のイメージを覆すような 昔ながらのきめの細かい職人気質で 素晴らしいワインをつくっています。

 

シラー70% グルナッシュ 30%

シラーの持つ リッチな果実味と グルナッシュの持つ さわやかな果実味が 生かされ、バランスの良い味わいにしあがっています。

まさに 安定感のあるスタンダードなおススメワイン。

 

ドメーヌ・デ・バッカント  2013   2,000円+税

にほんブログ村 酒ブログへ

スタンダードなおススメワイン ラングドック 赤

今年は 3月に店舗の移転を予定しているため 年初から 在庫処分と 片付けの毎日。

大量に残っているワイン関係の資料も ひととおり目を 通したりしていますので 結構時間かかりますね。

そんななか ステップで 好評いただいていた ワイン達のことを 改めて このブログで 振り返ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドメーヌ・ド・ランバルディエ  メルロー・カベルネ 2011

フランス ラングドック地方 ヴァン・ド・ペイ エロ―

メルローとカベルネの ブレンドで ボルドースタイルにつくられています

完熟した黒い果実に なめし皮のような複雑味 やわらかい口当たりで 数年の熟成を経て バランスの良さが増しています 丸みをおびてスムーズなくちあたりの赤ワイン

この2011年を最後に 造り手は引退。 最後のヴィンテージです。

ステップでは このワインのファンが結構いらっしゃいまして この最後のヴィンテージは ちょっと大人買い在庫しています。

 

このワインについて 輸入元の資料から抜粋してみます。

【ドメーヌ概要】

1987年設立のワイナリー。大学生時代に体験したワイン造りをきっかけに ワインへの情熱を募らせたアンリ・ブーカンドゥーラが ミュルビエル村の16haのドメーヌを取得。その後、畑の拡張、醸造所の改築をすすめた。ワイン専門誌・媒体・ワイン評論家から高い評価を受けるワインとなった。

【ブドウ栽培&ワイン醸造】

良質の葡萄を得るために 「 リュット・レゾネ 」 といわれる極力化学物質を使用しない栽培を実践。手摘みにて収穫したぶどうは潰れないように10kg入りの小さなケースに入れられ、出来るだけ房が傷むことのないよう極力完全な状態で醸造所まで運ばれる。ワイン醸造過程においては、収穫したぶどうが本来持っている上品さ・エレガントさが失われないように、果汁や果皮を傷めるポンプは一切使用せず、重力によりマストを上から下に落ちるように醸造設備が設計されている。

 

このメルロー・カベルネも 除梗後 炭酸ガスに満たされたタンクの中で セミ・マセラシオン・カルボニック醗酵を実施。品種ごとに 醗酵・熟成し ブレンド。

 

すでに 完売してしまっていますが、このランバルディエのメルロー100%のワインが 1997年のWEINWISSER という ドイツワイン専門誌で シャトー・ペトリュス(12位)より 上位(10位)だったこともあり、このドメーヌの質の高さがうかがえます。

 

 

当時 よく売ったなあと 懐かしく思い出されます。

昨年、 昔飲んだ ランバルディエが 忘れられなくて ネットで探して 来店された方がいらっしゃいました。

今となっては どこにもないようです。 ステップの秘蔵のストック  2011年も 熟成の良さが出て来ています。 是非 お試しくださいね。

 

ドメーヌ・ド・ランバルディエ メルロー・カベルネ 2011   1700円+税

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ