“2018年12月”の記事一覧

「亭主を早死にさせる10箇条」

 

 

年越しの準備は整いましたでしょうか。

それでは、お屠蘇気分に浸るまえに・・・・・・

 

 

 

 

 

 

今年もハーバード大学のジーン・メイヤー教授が約30年前に唱えた逆説メッセージ 「亭主を早死にさせる10箇条」を書かせていただきます。

【亭主を早死にさせる10箇条】

①うんと太らせる

②酒をすすめ砂糖や菓子をたくさん食べさせる

③いつも座らせておく

④脂っこい食べ物をたらふく食べさせる

⑤塩辛い料理に慣れさせる

⑥砂糖の入ったコーヒーをがぶ飲みさせる

⑦喫煙をすすめる

⑧夜更かしさせる

⑨休暇旅行に行かせない

⑩終始文句を言っていじめる

これらの逆が「長生きさせる10箇条」なんですね!

 

末筆となりましたが、本年中はお世話になりました、来年も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 酒ブログへ

クロ・デュ・ムーラン・オー・モワンヌVV オーセイ・デュレス2000

 

 

ブルゴーニュでは貴重な単独所有畑のワイン。

しかも前オーナーのセラーからの蔵出し古酒です。

 

 

 

 

 

 

【クロ・デュ・ムーラン オー・モワンヌVV オーセイ・デュレス2000】

オーセイ・デュレスのワインが素晴らしいのは周知の通り。

その他にもふたつおススメできる材料があります。

まずは蔵出し古酒であること。状態が良いことを確認したうえでコルクを付け替えて出荷されたもの。

もうひとつは、そのお得な価格。近年ブルゴーニュワイン価格が大きく値上がりしましたが、それ以前の価格水準で販売されております。

売り切れてしまえば、それで終わりです。

 

年末年始の特別なワインとして如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「樽酒」清々しい杉の香りで祝う

 

 

吉野杉の香りが清々しい、「樽酒」量り売りのご案内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋酒造 長陵(ちょうりょう)樽酒】 一升 3000円+税 四合 1500円+税

今年も販売を開始致しました。

樽酒の命はなんと言ってもその杉樽。奈良県の吉野杉で、しかも内側が赤みを帯びたものでないといけません。またその上質な杉樽の風味と相性の良い味わいの酒質も大切です。

越後酒らしく穏やかで淡麗辛口ながら旨みもある味わいの酒は、清々しい杉の風味を引き立てます。

清々しい杉の香りとともに、新年を祝うのは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ヴィノ・ダ・アレグリア(幸福をもたらすワイン)

 

 

毎年この時期になればおススメさせていただいている、イタリアの極上甘口赤ワインです。

 

 

 

 

 

 

【カヴェディーニ レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラDOCG 2011】

クリスマスに大切な人とスイーツとともに味わう甘口ワインを、イタリアでは「幸福をもたらすワイン」と呼ぶのだそうです。

このレチョートの素晴らしいところは、ただ甘いだけでなく複雑味があり、さらに後味にスパイシーさがあることでしょうか。

スイーツで甘くなった口の中をニュートラルに戻してくれるのです。なかなかよく出来たデザートワインだと思います。

 

チェリーリキュール、バラのドライフラワー、ドライハーブ、シナモンなどを思わせる香り。上品で穏やかな果実の甘味と酸味。凝縮感のある味わいながら重すぎず、爽やかさも兼ね備えており、スパイシーさが全体を引き締める印象の味わい。

 

洗練された甘さのクリスマスは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「ブルーノ・パイヤール マグナム」メリークリスマス

 

 

「天皇陛下のお誕生日を祝う」「クリスマスを祝う」「大切な方々との忘年会」「お正月に」・・・・・と、この時期のどんな場面でも喜んでいただけるお酒だと思います。

 

 

 

 

 

 

シャンパーニュ 【ブルーノ・パイアール】 マグナムボトル

かのジョエル・ロブション氏が特に惚れ込んでいたというシャンパーニュです。もちろんハイエンドな三ツ星レストランでも扱われているでしょう。

みんなで楽しむ、特別な日のお酒として最適ではないでしょうか。

また、クリスマスのプレゼントとしても良いかもしれません。なかなか難しいですからね。消費できるものの方が素直に喜んでいただけそうです。

おせち料理にシャンパーニュもまた、かなりおススメできます。

 

美味しいシャンパーニュ「ブルーノ・パイアール」のマグナムは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ