“2017年10月16日”の記事一覧

バドリジャーニとパンと赤ワイン

 

 

「パンとチーズと赤ワイン」・・・・マリアージュの定説とも言える組み合わせでしょうか。

・・・・しかし、美味しい組み合わせにしようと思えば、これが意外と難しい。

翻って、「パンとバドリジャーニと赤ワイン」・・・これはもうテッパンと言えるのかも知れません。

 

酒倶楽部ステップの2階で昨日ワイン会がありました。今回のワイン会はジョージアワイン(旧グルジア)を愉しむ会です。

そこで酒屋のオヤジには、ジョージア料理で赤ワインにとても良く合うとされている「バドリジャーニ」をつくれとの指示がありました。

フードプロセッサーみたいな料理器具があれば良いのですが、我が家にはありません。トンカチとすり鉢(スーパーで売ってる小さいサイズのもの)で大汗かきながらクルミを潰すのです。

まさに男の料理と言えるでしょう。

ここ数ヶ月の間にすでにもう三回、バドリジャーニをつくりました。「ああ・・腰が痛い!肩が痛い!」などと言いながら黙々とクルミを潰しておりますと、なんだかまるでバドリジャーニ修行でもしているかのような気分です。

クルミは産地ごとに油分や堅さが違うようで、今回のクルミは堅かった。

それでも、そのありそうでない味わいからか「美味しかったよ」と言っていただくと、その大変なバドリジャーニつくりがクセというか趣味になってしまいそうな気がしております。

 

 

 

 

 

 

【バドリジャーニ】・・・・・少しずつ上達しているような気がする仕上がりです。

バドリジャーニは、油をしいて焼いた茄子と、潰したクルミと、オリーブオイル、スパイス類が主な材料。つまり油っぽいのです。だからワインに合うのかも知れません。また、だからパンに合うのかも知れません。

自身のためにバドリジャーニをつくりたいとは思いませんが、来客があってワインでも飲むような時には、バドリジャーニとパンを用意しても面白いのかも知れませんね。

そんなことで、今回のワイン会に参加された方々には、みなさんに美味しかったと言っていただきました。もちろんジョージアワインも気に入っていただいて、たくさん購入していただきました。

酒屋のオヤジの努力も少しは役に立ったようです。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ