“2017年3月8日”の記事一覧

ビジネス・ギフトの王道

 

 

商売のための酒類のビジネスギフト相場とは、だいたい市場価格で3万円前後ぐらいでしょうか。

酒類は消費できるため、贈りものとして特に喜ばれるようです。

贈りものとして選ばれる商品とは、受け取られた方にその価値を認めてもらえるようなブランド力を持つ商品が多いようです。また、業界によって好まれるお酒のジャンルは違うようです。

そんな人気の酒類のビジネスギフトを3種類ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<オーパスワン>

ワインを好む業界の定番の贈りものでしょう。

おそらく、以前はボルドーやブルゴーニュが定番だったのかも知れませんが、このところの価格の高騰で高価になり過ぎたため、カリフォルニアのトップ・ブランドとも言える「オーパスワン」が選ばれるようになったと考えられます。

味わい、ワイナリーからの販売方法、価格水準と、価値が安定していることから、贈りものに最適なワインだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

<森伊蔵 長期洞窟熟成酒>

上乗せ料金を支払わないと入手できない商品なのですが、男性社会の団体などでは非常に喜ばれる贈りものとなるようです。

ビジネス・ギフトとしての効きが素晴らしく良い商品と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

<バランタイン30年>

「先方はどんな酒類がお好きなのか?」迷ったらコレでしょう。スコッチウイスキーとして、見事にクセのない美味しさです。ウイスキーを普段飲みつけない方でも、たまにチビチビやりたくなるような素晴らしさです。

正規品は値段が非常にいいのですが、並行者では十分にビジネス・ギフトとしてのレンジに収まります。

 

ビジネス・ギフトに酒類は如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ