“2015年8月”の記事一覧

「ボジョレ・ヌーヴォー2015」偉大なヴィンテージを予測させる

 

 

ボジョレ・ワイン委員会プレスリリースの「2015年ボジョレ ぶどう生育情報」を、ワインの輸入会社さんからいただきました。

今年も期待できそうです!

2015083110390000

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、ぶどうの生育情報を提供していただいた、輸入会社さん扱いのボジョレ・ヌーヴォー「ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ」。なんと、ワインスペクテーターで、ヌーヴォー史上最高得点を獲得している自然派の造り手なのだとか。

ワインスペクテーター ヌーヴォー史上最高得点 88点 「2009 ヴィンテージ」

評価 第1位 が、2005、2009、2014 ヴィンテージと、ヌーヴォーとしては最も評価の高いワインと言えます。

 

さて、「2015年ボジョレ ぶどうの生育情報」です。

< ぶどうの収穫、間もなく開始 ぶどうの質はとても良く、偉大なヴィンテージを予測させる >

ボジョレの畑(リヨンとマコンの間に広がる16,000ha)では、色づきが終わり、最初の収穫は8月24日の週に始まる見込みとなった。

以降ほぼ1ヵ月にわたり、約50,000人の「収穫人」と「ぶどう運搬人」がガメイの狭い畝を賑わせる。もちろん白ワインも造っているボジョレなので、シャルドネの畝も同じように賑わう。

醗酵室とドメーヌは、この欠かすことのできない作業人たちを受け入れる準備をしている。ちなみに、ボジョレはシャンパーニュ地方と同様、手摘みが一般化している唯一の産地である。

天候面では、暑さと強い日照りによりぶどうの成熟がよく進み、良い品質のぶどうが期待される。上半期の暑さと乾燥、日照りに続き、7月の平均気温は例年を4℃上回った。さらに、7月末の時点で2015年の日照時間は例年を200時間上回っている。

8月初めから暑さが続いているが、8月8日から少し雨が降ったおかげでぶどう樹は水分を得ることができ、そして少々「呼吸する」もできた。

しかしながら収穫量は2014年を約25%下回ることが見込まれる。果実の重量と果房の重さは規則正しく増え続けているものの依然として少なく、区画により大きな差が見られる。

今後数日にわたって穏やかな天候が予想されており、ぶどう畑の健全な衛生状態を維持できると見込まれる。ぶどうの成熟が遅い区画では生産者はぶどうが熟すのを穏やかに待ち、最適の熟度で収穫することができるだろう。

2015年の品質を語ることはまだ早いが、偉大な品質であるとすでに予想される。特にストラクチュアの面で、分析結果は2つの偉大な年である2009年と2011年を思い起こさせる。

ヴィンテージの輪郭は、最初のテイスティングによりさらにはっきりとするはずだ。

 

酒倶楽部ステップでは、今年もボジョレ・ヌーヴォーのご予約販売を開始致しております。

No1人気の「ジャン・クロード・ラパリュ」、その愛弟子の「レミ・デュ・フェイトル」、ブルゴーニュで活躍する仲田さんが造る「ルー・デュモン」、評価の高い「ドメーヌ・レ・グリフェ」、上記でご紹介の「ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ」、量り売りの「ポール・ボーデ」、定番的な「ルイ・テート」

と、厳選したボジョレ・ヌーヴォーを揃えております。

その他、南仏ヌーヴォー、イタリアのヌーヴォー「ノヴェッロ」、国産新酒のご予約も合わせて承っております。

今年も出来たてのフレッシュさを楽しんでみて下さい。

にほんブログ村 酒ブログへ

「高級ワインとジャンク・フードのマリアージュ」 トップ10

 

 

酒類専門の情報サイト「ザ・ドリンクズ・ビジネス」に、「高級ワインとジャンクフードの組み合わせトップ10」が掲載されておりました。

映画「サイドウエイ」では、主人公がファーストフード店でハンバーガーをかじりながら、隠れてシュバル・ブラン1961を飲むシーンがやたらと印象的でした。

正直チャンスがあれば、自分でもそんなことしてみたいような気がした次第。

そんな、ちょっとだけあこがれてしまう感じのランキングだではないでしょうか。

横須賀基地と三笠 037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位 クリュッグ と フィッシュ&チップス

なんとマドンナさんの贅沢は「クリュッグ&フレンチ・フライ」なのだそうだ。またシャンパーニュは「サロン」でも「クリュッグ」と同じぐらい合うとのこと。

2位 ピュリニー・モンラッシェ と ポップコーン

ポップコーンは温かい塩味。オイリーでクリーミーな感じが絶妙にマッチ。

3位 バローロ と ピザ

イタリアつながりのマリアージュ。ピザのトッピングは素朴な方がよりバローロと合うようだ。少し酸味のあるトマトベースで、最後にスライスしたホワイト・トリフが振りかけてあれば最高。

4位 パロ・コルタド(高級シェリー酒) と 塩キャラメルドーナッツ

パロ・コルタドとは、シェリーのアモンティリャードとオロロソの特長を合わせ持つようなシェリーの種類。濃厚な旨みが相まって、シェリー酒のほど良い酸味が、ドーナッツの油っぽさと調和する。

5位 DRC と ホットドッグ

たぶんこの組み合わせを試したことのある人は、この地球上に存在しないかも知れない。そんな、ある意味究極のマリアージュでしょうか。豚肉を使ったソーセージにピノ・ノワールはよく合う。

6位 JJプリュム と カレー

JJプリュムはやや甘みのあるドイツの白ワイン。スパイシーなカレーに合うワインの選択はほんとうに難しい。それでも甘みのあるワインなら、そのスパイシーさと相まって口の中で絶妙なバランスとなるのです。

7位 シャーヴ と ハンバーガー

シラー種から造られるローヌの赤ワイン。そのヴォリューム感ある味わいは、特にコッテリとしたハンバーガーに合う。ジューシーな肉に、スパイシーさを感じるリッチなワイン。想像しただけでヨダレものでしょう。

8位 リオハ・グラン・リゼルヴァ と ケバブ

リオハはスペインの有名ワイン産地。シルキーな飲み心地の赤ワインとハーブをきかせた羊肉。言わずもがななペアリングでしょう。

9位 カテナ・マルベック と チョコレート

アルゼンチンの濃厚な赤ワインと、質の高いチョコレートのハーモニーが美し過ぎる。チョコレートに対してはポートを超えたワインと言える。

10位 シレックス と フライド・チキン

名刀正宗のようなキレの良さを持つロワールの白ワイン。そのミネラル感やフレッシュ感が、フライド・チキンの油っぽさを調和します。

 

気が向いたら試してみて下さい(笑)!

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「酒屋の株話」 押し待ちに押し目なし の展開か

 

 

「投機買いの振るい落とし(耐久力の弱い買い持ちの振るい落とし)」

「押し目待ちに押し目なし」

どちらもブル相場で気を付けるべき事柄でしょう。

 

今回の「振るい落とし」は強烈でした。

その強烈な勢いのある売りは、日経平均株価の18000円割れを2回たたき、テクニカルにはWボトムをイメージさせる値動き、強固なサポートが下値に誕生した印象です。

2015082808390000

 

 

 

 

 

 

 

 

【日本経済新聞さんの記事】

「株の空売り比率は過去最高」

先物が大きく売られたため 先物買い/現物空売り の裁定取引が入っているとのことで、先物ばかりが集中して売られたようだ。

もし買戻しが入ったなら、また強烈なインパクトを市場に与えるのかも知れない。

ルールや立場によって、不本意ながら売らなければならなかった方々も多かったことでしょう。

対岸の火事ならぬ、対岸の株暴落に大きく影響され、取引のルールやシステムによって、より一層の割安感を強めた日本株。

平たく言えば、たぶん外部要因で大幅に安くなった優良株ってとこでしょうか。

 

今後のマクロの状況は分かりません。

それでも、いわゆるバリューハンターにハンティングされるであろう日本株市場は、強烈な「振るい落とし」の後、今度は先物の買戻しも加わり、「押し目待ちに押し目なし」の状況の上げになる可能性があると思う次第。

市場が強気になれない今だからこそ、そんな状況を念頭に置くべきかも知れませんね。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ワイン列車では静かにするのがマナーなのか!?

 

 

ワイン関係の情報サイト「デキャンター.com」の伝えるところでは、ナパバレー・ワイントレインで11人の黒人女性グループが大騒ぎしたため、周りのお客さんの迷惑になるからと下車させられたとのこと。

しかし、黒人女性のグループだったためか人種問題と相まったようで、列車の運営会社側が100%の非を認め黒人女性グループに陳謝したとのこと。

列車の運営会社は黒人女性側の50人をナパ・バレー・ワイン・トレインに無料招待して、好きなだけ大騒ぎしてパーティを楽しんでほしいと申し出たのだそうだ。

2015022315440000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「11人のグループでワイン飲めば大騒ぎになるでしょ!」

とも思うのですが、問題は同じ列車の中には、静かにワインの味わいと窓の外に広がるブドウ畑の景色を楽しみたいお客さんが、混在して乗車していることでしょうか。

他にも、多民族国家ならではのデリケートな問題があるようです。

ワイン列車を貸切にすれば問題はないのでしょうが、なにかの記念にワイン列車でパーティというのは、ひょっとしたらあまりいいアイデアではないのかも知れませんね。

それにしても、ワイン列車の乗務員とは、意外に大変な仕事なんですね。そしてマネージメント側は、やっぱりマネージメント側なんですね。

ワイン列車には、少人数で静かに乗車するのが賢明なようです。

・・・・でも、ホントに得しようと思ったらマイノリティの者としては・・・・・・・(笑)!

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「カジュアル・ロゼ&ソーダ」ガブガブ飲ってウマい

 

 

暑苦しい思いをした日の晩酌には、やっぱり「ガブガブ飲めて爽快感のあるお酒」が最高です!

そんなガブガブ飲んで、「・・・・・・けっこうウマいね!」みたいな飲み方のご提案です。

2015082420240000

 

 

 

 

 

 

 

 

【カジュアル・ロゼワインの炭酸割りとサラダのマリアージュ】

酒屋のオヤジと同じように、夕食と言えばお豆腐かサラダ、もしくはその両方というご同輩は多いのではないでしょうか。

そして、飲みものといえば、この時期にはやっぱりガブガブと飲めるビール系とか、サワー系が多いのでしょう。

もちろんそれで十分に良いのですが、それでもサラダをアテに晩酌を飲ろうと思えば、ちょっとアテがつまらない。

でも、アテは変えにくい。

そこで、サラダをアテにして、なおかつこの時期にうれしい、ガブガブ飲めてイイ感じなのが、「辛口のカジュアル・ロゼワインの炭酸割り」。

へんに苦くないし、甘くないし、酸っぱくもない、そしてほどよいワイン風味。

また、スパークリングワインなどよりも穏やかな味わいで、アルコール度数も低くなるため、気兼ねなくいけちゃいます。

ご同輩の方々、たまには気分を変えて「辛口ロゼワイン&ソーダ」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ