“2012年3月”の記事一覧

「プレミアム焼酎」やっぱり贈りものに良いですね!

強風、一時豪雨の期末最終日、酒屋ではありがたいことに、いわゆるプレミアム焼酎が人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日3月31日(土)は期末の最終日。酒屋ではありがたいことに、いわゆるプレミアム焼酎の動きが良いようです。

退職される方への贈りもの、期末のパーティー、還暦などのお祝い、会社の設立記念パーティー・・・・とプレミアム焼酎というか、ブランド力ある本格焼酎は、やっぱり贈りものやハレの日に最適なお酒の一つなのです。

お酒好きな方へお贈りして、喜ばれることはあっても面子が潰れるようなことはまずない贈りものとも言えます。特に商売関係での贈りものでは。また、プレミアム焼酎は自分自身のためにはまず購入することのないお酒ですから、ハレの日の祝いの酒としても喜ばれるのです。

このプレミアム焼酎をTPOに合わせてギフトラッピングさせていただいたり、のしや水引きをかけさせていただいたりして贈りもの用に仕立てれば、贈り手、もらい手ともに満足して頂ける記憶に残る贈り物となるのだと思うのです。

焼酎のブランド品ともいえる、いわゆるプレミアム焼酎については、特に酒類関係の方々から「しょせん焼酎でしょ!」みたいな自由市場に対する偏見ともとれる意見があったりもします。

これは他の市場で想像すれば、プレミアム焼酎の状況が理解できるような気がするのです。例えば自分で食べるには1箱100円のチョコレートで十分満足できるのですが、いざ贈り物となれば1箱ではなく1粒1,000円のチョコレートを購入して感謝の気持ちとしたりするわけです。

Tシャツでも同じです。自分用には1枚500円で十分なのですが、贈り物としては1枚1万円ぐらいのブランドもので感謝の気持ちを表現します。

これが、先方がお酒好きで、しかも何時も飲みに行けば焼酎を飲まれている方なら、やっぱり有名な焼酎を贈りたいですよね。美味しくて偉大な名前であることは、みんなが知っているわけですから。

酒倶楽部ステップでは、お客様のご要望に出来るだけお応えすることを大切に考えております。 気持ちを込めた贈り物のお手伝いができましたら幸いです。

にほんブログ村 酒ブログへ

無事、オープン♪

今日は雲が多かったものの、暖かくて良い日でした。午後から風が強く吹いてきて困りましたが、たくさんの方が足を運んで下さいました。生徒さんから始まり、知人や親せきの方、新聞の記事を見てきてくれた方や近所のカーブスに貼ってもらった案内を見た方などなど・・・お花もたくさん頂き嬉しかった(*^_^*)

きちんと写真も撮らず終わってしまったので、明日はちゃんと撮らないとって思ってます^_^;

今回は以前通っていたお菓子教室の宣伝を兼ねて、その教室の先生のレシピのお菓子も販売しています。くま子も少し作りましたが、生徒さんで通っている方がいるので、その方がマカロン・スノーボールなど作って来てくれたのでホントのお菓子屋さんの雰囲気で並んでます。

それと、生徒さん作、ベア・うさぎのメジャーも販売。こちらもとてもかわいく出来ていて大人気♪

今日、すでにたくさん売れて嬉しくなりました。

明日はお天気が悪いので、どうかな・・・雨・風が少しでも弱ければいいな~

「めざせ酒飲んで健康&長寿!」赤ワインの巻き

美味しく、楽しくお酒を飲んで健康で長生きできるのなら、これほど素晴らしいことはありません。もちろん飲み過ぎなければの話なのですが・・・・・・。

そんな「めざせ酒飲んで健康&長寿!」的なお話。今回は「赤ワイン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンチエイジングの第一人者である順天堂大学大学院の白澤卓二教授が紹介された説です。

何でも「赤ワインを飲むことで長寿遺伝子のスイッチをオンにできる!」とのこと。

この世の中でもっとも長生きした南フランス、アルルに住んだ女性、カルマンさんは122歳の長寿を全うされギネス記録に登録されている方。

そのカルマンさんはポートワイン(甘い酒精強化された赤ワイン)とチョコレートがお好きで、毎日欠かさなかったのだそうです。元気なおばあちゃんで、100歳を過ぎてもアルルの街を自転車で走り回っていたのだとか。

ハーバード大学のデービット・シンクレア教授は、カルマンさんが飲んでいた赤ワインの成分であるレスベラトロールに注目。この成分がサーチュンという長寿遺伝子のスイッチをオンにして、メタボリック症候群の症状を改善、血管を若々しく保ち、寿命を延ばす可能性があるとしているのです。

しかし残念なことに、白ワインでは長寿遺伝子のスイッチはオンにならなかったのだそうです。レスベラトロールは赤ブドウの皮や種に豊富に含まれる成分で、ピーナッツの薄皮などにも豊富に含まれているのだそうです。

また、特にレスベラトロールを摂取していなくても、食事を常に腹7分目にして定期的に運動をしていれば長寿遺伝子をオンにできるのだそうだ。

赤ワインがダイエットにも長寿のためにも有効だという説は、このブログにも何回か書きましたが、やはり適量の赤ワインは長寿に有効に働くようですね。

さっそく今晩から晩酌は薄皮付きのピーナッツでをアテに赤ワインを飲って、地道でひたむきな努力と情熱で・・・・・(笑)長寿遺伝子のスイッチを押しまくりましょうかね!(笑)目指せ122歳!!

そう言えば、お酒はワインしか飲まない我家の女房殿は、健康診断のとき善玉コレステロール値が高くて、お医者さんに「あんたは長生きするね~!」って言われてたっけ!それって関係あるのかなぁ!?

「それに引き換えダンナさんの方はね~!(汗)」って!ほとんど同じもの食べてるハズなのに・・・・・・!(涙)

 

にほんブログ村 酒ブログへ

看板がつきました!

オープン&作品展もいよいよ明日に迫り、今日、看板をつけました(*^_^*)

思った以上に素敵な仕上がり♪

 

看板を取り付けてくれたのは、大工さんの叔父。職人さんなので仕事はきちんとしてます。ピッタリとつけてもらいました。今回はイケアで購入した家具の組み立てからカーテンをつけたり、くぎを打ってもらったり・・・細かい仕事をたくさんやってもらい、叔父には感謝、感謝♡

たくさんの方に来て頂けたら嬉しいな♪ドキドキですが、楽しみです(*^_^*)

 ボヌール・アンジェラ   ~テディベアショップ&アトリエ~

      オープン&テディベア教室作品展

                                                              3月30日(金) ~ 4月4日(水) 

                                             11:00~18:00

     

                                       場所:蕨市中央1-14-6  ステップハイツ102  

「請福ファンシー」花粉症軽減に注目される泡盛

春らしい晴天の今日、花粉の元気も一段と良いようですね。花粉症には辛い一日となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泡盛 「請福ファンシー (せいふくファンシー)」 35度 720ml 1,995円

ご存知、呉羽化学工業㈱の実験により、花粉症の症状を軽減する力が一番強いことが明らかになった泡盛です。

毎年この時期になると注目された泡盛なのですが、今年は杉花粉の量がそれほど多くないためか、花粉症対策系の商品がメディアであまりとり上げられないためか、例年のようには注目されていないようです。

酒屋のオヤジもまた花粉症持ち。夜に仕事を終えて帰宅後に、この請福ファンシーを飲めば気持ち鼻のとおりがスーっと良くなる感じがして、美味しいと同時に気持ちが良いのがたまらなく嬉しいです。

本格焼酎や泡盛の嬉しいところは、水で薄めても味わいが伸びること。前回のブログでご紹介した泉重千代さんの飲み方と同じように、アルコール度数10度ぐらいに、おいしい水で薄めても美味しく飲めるのです。しかも古酒(クース)ですから、まろやかな飲み心地。

 泡盛は黒麹菌でつくる米麹のみで造られます。もし麹菌に有効成分が多く含まれているとすれば、本格焼酎よりも数段健康効果が見込めることになるわけです。花粉症を軽減する効果があるぐらいですから、他の本格焼酎に含まれる健康成分もより多く含まれていることも想像に難しくありません。

現に沖縄での長寿の方々はTVで見る限り、泡盛飲んで、歌って、踊って、とっても元気で楽しそうですね。きっと泡盛を飲むこともプラスに働いているのではないでしょうか。

美味しいお酒を楽しみながら辛い花粉症が軽減できるのなら、こんな素晴らしいことはありませんよね。もちろん薬と違って即効効果は期待できませんが、味わいが気に入れば、毎日楽しみながら気長に花粉症改善に取り組むのも良さそうです。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ