“2009年8月”の記事一覧

人気です!紀州梅干し焼酎用

酒屋のおやじがまだ若いサラリーマンのころ、上司と飲みに行くと必ず「焼酎のお湯割り梅干し入り」というものを飲んでおりました。

焼酎は宝純だったと思いますが、梅干しを一つ入れ、割りばしでグチャグチャに潰しながら飲んでおりました。最近、酒屋のおやじは、それを飲む事はなくなりましたが、酒倶楽部ステップでは、それに使う焼酎用の梅干しが、今でも良く売れている人気商品の一つなのです。

ume

「紀州 美智子漬 梅干しチューハイ用」1Kg1,260円 ⇒終売になりました

ここの社長さんのお名前が美智子さんなのだそうです。紀州産の大粒梅干しが1Kg入って1,260円!! すっごくリーズナブル!!美智子社長には、何時までも頑張ってご商売して頂きたいと思っております。

この焼酎用の梅干し、食用の梅干しと何が違うのかというと、焼酎用の梅干しには紫蘇や蜂蜜、鰹節など余計な味付けが一切されていない、昔ながらの塩だけで漬けた梅干しなのです。

この「焼酎用の梅干し」しかも紀州産、販売しているお店も少なく、もし販売していても価格は、けっこう良い値段。ほんとに美智子社長に感謝です。

通の「焼酎のお湯割り梅干し入り」の作り方!

コップには最初にお湯を入れます。次に焼酎を入れ、梅干しを一つ落とし、好みで中の梅を潰す。最初に焼酎を入れるとお湯を入れた時にアルコール分子が壊れてピリリとした、とがった味わいになるのです。お湯が先の場合は、まろやかな味わいとなります。

梅干しを入れると焼酎の味わいが深まり、悪酔いしにくくなるんです。それは、梅干しの塩と酸が焼酎独特のにおいを和らげるのと、梅干しのクエン酸が全身の新陳代謝を盛んにしてアルコールをすみやかに分解して排せつを早めるからです。

冷たい「梅チューハイ」の場合は、酒屋のおやじのブログのメンターである、マサさんおすすめの「ポッカ焼酎用うめ」が良いようです。当店でも早速入荷しましたよ。

pokka

やっぱり酒屋のおやじにとっての大衆居酒屋の味は、この「焼酎のお湯割り梅干し入り」です。久々にし”みじみと飲みたいなー”って思っておるのであります。今日みたいに台風が来てて、やや肌寒い日には、ホントに美味しそうですね!

にほんブログ村 酒ブログへ

日本一美味しい缶詰!?「天の橋立」

京都、竹中罐詰さんの「天の橋立」海の幸缶詰!

kan1    kan2

国産の新鮮で旬な海の幸を加工し、美味しい綿実油に漬けこんだ、こだわりの缶詰です。

その中でも特に評価の高いのが「オイルサーディン」!日本一美味しいのだそうです。これを食べたら他のオイルサーディンが食べられなくなるそうな。

a-os[1]

酒倶楽部ステップでの販売価格は504円。

酒屋のおやじも先日の休日、小雑誌に載っていた方法で、自分用のおつまみを、このオイルサーディンを使って、こしらえてみたのです。そしたら、これが美味しいのです!!子供がいたので味見させたら、なんと「おいしい~おいし~」と言って、ほとんど全部食べられてしまった程です(残念!)。

酒屋のおやじの簡単おつまみ!

まず「餃子の皮」にこの「オイルサーディン」を一切れのせます。その上からトマトソースもしくは、トマトケチャップをかけチーズを乗せて、オーブントースターで焼くだけ。薄焼き一口ピザになるのです!

サーディン(いわし)には、老化を防ぐ「核酸」というのが多く含まれており、更にコレステロールを排除してくれる「脂肪酸」が含まれているのだそうです。しかも、生よりも缶詰のほうが核酸の含有率が高いとのこと。

つまりオイルサーディンの缶詰は”体に良いダイエット食品”なのです!!

にほんブログ村 酒ブログへ

ワインとチーズの会

酒倶楽部 ステップ ワインとチーズの会の予定が決まりました!

2009年10月4日(日) 13:00~15:00  

テーマ 「リースリング&ガメイ」

場所は ステップ店舗2階です!

今回のテーマはアロマティックワインとして人気が出つつある葡萄品種リースリングから造られた白ワインとヌーヴォーだけではない味わいを発見していただきたくガメイから出来た赤ワインを楽しみます。

ご参加される人数にもよりますが、いつものように20名くらいのご参加があれば、10本くらいのワインは開けるつもりです。

チーズプロフェッショナルの高橋氏もお招きします。旬の本格フレッシュチーズも揃えますので、チーズとワインのマリアージュをご体験できると思います。

手作りの美味しいパンとおつまみもご用意します。

基本的には気軽な飲み会ですので ぜひご参加くださいね。

参加費は お一人様 4000円(税込)

お申し込みは 2009年9月27日(日)までにお願い致します。2009031511440720090315114443ワイン会2009.6.21 006

にほんブログ村 酒ブログへ

名古屋の地ビール「金しゃちインディアンペールエール」

名古屋の名門蔵、盛田さんの限定地ビール「金しゃちインディアンペールエール」

indy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大航海時代に英国からインドへ向かう長い航海に耐えられる品質のビールとして誕生しました。高いアルコール度数と、強烈なホップの香りや苦みが特徴です。

アルコール度数は7%。色は琥珀色で柑橘系の香りがする、刺激の強いビールです。グビグビと喉を鳴らして飲む感じではなく、これからの秋の夜長、チビチビとあまり冷たくし過ぎないでやるのがおすすめです。まるでイギリスのパブでビールを飲んでるように「このビール濃いな~」「苦いな~」「ぬるいな~」なんてチビチビやってると、その味わいに、いつの間にかハマってしまうのです!

この金しゃちビール、「名古屋赤味噌ラガー」なんてのも定番商品でありまして、名古屋では人気があるのだそうです。酒倶楽部ステップでも以前、この「名古屋赤味噌ラガー」扱ったのですが、蕨周辺ではそれほど受けませんでしたね。(残念!)

さて、この名古屋の名門酒蔵「盛田」さん、何とソニーの創業者である盛田前会長のご実家で一時ソニーの筆頭株主だった事もあるのだそうです。察するに”スゴーい資産家!!”って事になりますよね!酒蔵さんは、もともと地元の名士だったところが多く、現在でも大地主の資産家さんは多いのですが、ソニーの筆頭株主となるとケタがちょっと違ってくるかもしれませんね!

「金しゃちインディアンペールエール」一口飲めば、もう気分は名古屋の旦那衆!!粋に愉しんでいただきたいのであります!

にほんブログ村 酒ブログへ

埼玉の地産地消酒「金紋世界鷹」

埼玉県の酒屋さんで最近よく見かけるお酒がこれ「金紋世界鷹 特別本醸造」です。

sekaitaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉県の酒蔵最大手、小山本家酒造さんの創業200周年を記念してつくられた商品なのです。この商品、全て埼玉県産を使用し、埼玉県の限定販売。しかも非常にリーズナブルなのです!!

お米は生産者が明確な「埼玉県産日本晴」、お水は蔵で地下180メートルから2百年湧き続ける天然水(以外かもしれませんが、埼玉には美味しい水が豊富にあるのです)、酵母にいたっては小山本家さんの蔵付き酵母「蔵付き又兵衛酵母」を使用、更にお米は60%まで精米し、大吟醸と同様に長期低温発酵をさせています。

価格は1升で1,880円!流石は小山本家さん!

味わいは、香りよくフルティーな味わいながらスッキリとして、冷やでもぬる燗でも美味しく頂けます。

実は先程、小山本家さんの子会社で、販売会社の営業さんが来店されて、話たんです。ビール会社は装置産業などと言われますが、日本酒でも装置産業かもしれません(もちろんクオリティーの高い地酒蔵は今後も支持されて行くとおもいますが)。そうでないと上記の様な酒が一升1880円では販売できませんからね!

競合他社に負けない設備投資を行い、コストをより安くして、競合他社がまねの出来ない、もしくはバカバカしくてまねしたくない割安感のある商品を出す。日本酒の市場は現在、縮小傾向にありますが、その中で小山本家酒造さんの様な戦略は、大きな伸びはないかもしれませんが、打たれ強く、現在の様な不況下では力強くシェアを伸ばしていけるのだと思います。

小山本家酒造さんスゴイです。もちろん様々な考え方があるのですが、商売の方法としては尊敬できる酒蔵さんだと、酒屋のおやじは思ったのでした!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ