「高級ワイン市況」ワイン相場のクルーシャルポイント

 

 

中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークからほぼ6年経過。

2014年7月に底入れしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、再び上昇傾向にある。ワイン価格を上昇させた一因の背景には、英ポンド安や人民元安のマクロ経済の影響がある。

そんな金融市場の混乱は、ワインの収集や投資にどう影響を与えるのか?

また、高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きているのか?

そして、ワイン価格はこの先値上がりするのか?

・・・・・・・・等々、そんな高級ワイン取引の状況を、酒屋のオヤジなりに推察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ワイン・インデックス2012年4月から2017年4月末までの推移】

高級ワインの業者間取引サイトである Liv-ex の指数「Liv-ex Fine Wine 100」は、前月末から0.5%の小幅な下落。

この17ヶ月で初めて前月対比での値下がりとなった。

3月から4月にかけてもっとも値上がり率の大きかった銘柄は、スーパータスカンの「マセト2010」で12.1%上昇して1ケースは£5,642。続いてソーテルヌのトップブランド「Ch・イケム2007」で7.8%値上がりの1ケースは£2,049。

一方もっとも値下がりした銘柄はサンジュリアンの「Ch・レオヴィル・ラス・カーズ2010」で7.3%下落して1ケースは£1,645。続いてブルゴーニュのトップブランド「DRC ラ・ターシュ2011」で4.3%値下がりして1ケースは£21,032。

 

高級ワイン市場は今、非常に重要な局面を迎えているようだ。

英ポンド安を背景として上昇を続けてきたLiv-exのワイン・インデックスだが、ここに来て英ポンド相場に底入れ感が出てきている。ブレグジットにより悲観され、先安感を強めていた英ポンドが上昇に転じたのかも知れないのだ。

英ポンド安のみを背景としてワイン・インデックスが上昇していたとすれば、英ポンドの戻りとともに英ポンド建てのワイン・インデックスは値下がりすることになる。

 

ボルドー左岸の伝説的ヴィンテージになると推測される2016年ボルドーワインのアン・プリムールでは、サンテステフの「コス・デストゥルネル」のリリース価格が早々と出てきたようだ。

ユーロ建てでは2015年ヴィンテージと同水準、英ポンド建てでは約10%高い水準、米ドル建てでは約5%安い水準だが、昨今の為替相場の変動により各通貨建てで、2015年ヴィンテージの水準に収束していくのかも知れない。

2016年ヴィンテージの特に左岸ボルドーワインは、高品質であることもさることながら収穫量も多いことから、シャトー側に余裕があるため、他のシャトーも2015年と同水準のリリース価格になるとみられた。

しかし、ここに来て2017年ヴィンテージのぶどうに深刻な霜の被害が出たとので、被害の規模がはっきりするまで、他のシャトーからのアン・プリム―ル価格の提示は遅れることになるとの噂もあるようだ。

被害の大きさにもよるが、2016年ヴィンテージの高収量、高品質によるシャトーの余裕あるリリース価格の提示は難しくなったということなのかも知れない。

英ポンド相場と、2017年ヴィンテージの霜被害を織り込むことになる、優れた品質の2016アン・プリムールを注視する取引、もしくは様子見がしばらく続きそうだ。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ