「酒屋の株話」 押し待ちに押し目なし の展開か

 

 

「投機買いの振るい落とし(耐久力の弱い買い持ちの振るい落とし)」

「押し目待ちに押し目なし」

どちらもブル相場で気を付けるべき事柄でしょう。

 

今回の「振るい落とし」は強烈でした。

その強烈な勢いのある売りは、日経平均株価の18000円割れを2回たたき、テクニカルにはWボトムをイメージさせる値動き、強固なサポートが下値に誕生した印象です。

2015082808390000

 

 

 

 

 

 

 

 

【日本経済新聞さんの記事】

「株の空売り比率は過去最高」

先物が大きく売られたため 先物買い/現物空売り の裁定取引が入っているとのことで、先物ばかりが集中して売られたようだ。

もし買戻しが入ったなら、また強烈なインパクトを市場に与えるのかも知れない。

ルールや立場によって、不本意ながら売らなければならなかった方々も多かったことでしょう。

対岸の火事ならぬ、対岸の株暴落に大きく影響され、取引のルールやシステムによって、より一層の割安感を強めた日本株。

平たく言えば、たぶん外部要因で大幅に安くなった優良株ってとこでしょうか。

 

今後のマクロの状況は分かりません。

それでも、いわゆるバリューハンターにハンティングされるであろう日本株市場は、強烈な「振るい落とし」の後、今度は先物の買戻しも加わり、「押し目待ちに押し目なし」の状況の上げになる可能性があると思う次第。

市場が強気になれない今だからこそ、そんな状況を念頭に置くべきかも知れませんね。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ