「酒屋の株話」ボラティリティとレジスタンス

 

 

地政学リスクは、結果として日本株の絶好な買い場となった。

市場心理に「恐れ」が感じられる状況とは、やはりそのほとんどが買いのタイミングなのだ。

そして、「海外投資家の買いに対し、個人が売り越す」という、株価上昇の売買パターンも戻ってきた。

それでも、日経平均株価の2万円レベルには強固なレジスタンスがあるようだ。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

新聞の伝えるところでは、投資家が2万円ストライキング・プライスのコール・オプションを売っているとのことで、そのカバードコールと呼ばれるポジションが結果として頭を抑えているとのこと。

またこの傾向は世界的なものなのだそうで、「世界でカバードコールの取引増加が観測されている」とのこと。世界中で今後の株価上昇に対して懐疑的になっていることにはやや驚く。

昨今の株式投資とは個人取引のレベルであっても、より複雑化した多様なゲームプランが用いられているようだ。個人の取引形態がヘッジファンド化しているということなのかも知れない。

その結果として、日経平均のボラティリティは歴史的ともいえるような低水準にあり、またこの低下傾向は継続している模様。

マクロ系リスクに対する懸念は薄れ、日本企業の好業績が伝えられるなか、この株価上昇に対する懐疑的な市場のコンセンサスは、まだこの相場が”懐疑の中”にあることを示唆しているような気がする。

まるで、株価上昇のマグマが蓄積していて、ひとたびそのマグマの活動が始まれば、2万円レベルのレジスタンスを突き破ることになり、そのまま一気にマグマが吹き出すようことになるのではないか、といった印象だ。

2万円のレジスタンスを前に時間が経てば経つほどに、またボラティリティがオプションの売りで低下すればするほどに、上昇に向けたマグマは膨らんで行くのではないか。

もし自身が投機家であったなら、ヘッジなしで素直に低ボラティリティのコールオプションを買ってみたい気もする。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ