“ワイン”の記事一覧

「あじろん&炭酸水」カレーにおいしい

 

 

赤ワインを炭酸水で割ってつくる飲みものを「ティント・デ・ベラーノ」と呼ぶのだそうです。

先日、近所でイベントがありました。

そこで近所のカフェさんが、こだわりのカレーパンと勝沼産のワイン「あじろん初しぼり」を販売されておりました。

イベントに集まった方々はほとんどママさん方。「カレーパンとあじろんが良く合う」とカレーパンと一緒にあじろんのワインを楽しまれる方が多かったのだそうです。

そこであじろんとカレーの組み合わせのご提案です。

 

 

 

 

 

 

【あじろん初しぼり と 埼玉県の地炭酸水(強タンサン)】

暑い日にスパイシーなカレーはうれしい。でも赤ワインは正直ちょっと飲む気になりません。

そこで、カレーに「あじろんワイン」でつくる「ティント・デ・ベラーノ」をおススメしたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛いカレーを食べて、ひりひりとした舌に、シュワっとして甘みのある飲みものはうれしい。

また、暑い日に良く冷えた強タンサンの刺激は気持ちがいいですね。

如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

ニューワールドでつくるスプリッツァ(白ワイン&炭酸水)

 

 

白ワインを炭酸水で割ってつくる飲みものを「スプリッツァ」と呼ぶのだそうです。

こう暑くなってくると、シュワシュワっとした発泡系のお酒が美味しいですね。

そんな理由もあってか最近ではウイスキーを炭酸水で割るハイボールが人気です。

それでも、あるお客様は「ハイボールはウイスキーを使っているためか、なんだか喉にひっかかるような気がする。かといってビールはどうも・・・」みたいなことを語っておられました。

そんな方におススメしたいのが、個人的にも大好きな「スプリッツァ」です。

それも、いわゆるニューワールドの白ワイン(オーストラリア産ん、ニュージーランド産、チリ産など)をベースにしたもの。

ニューワールドのほとんどのワインは、味わいのキャラクターがハッキリしているため炭酸水で薄めても満足感が高い。

もちろん価格的にスタンダードなワインでなくてはもったいない。

そんなスプリッツァにおススメしたい白ワインです。

 

 

 

 

 

 

【オーストラリアの白ワイン クール・ウッズ ソーヴィニョン・ブランとシャルドネ】

オーストラリアのワイン生産地のメッカであるバロッサ・ヴァレーで、10年連続で5ッ星最高評価のワイナリーであるソーン・クラーク・ワインズが造るスタンダードクラスのワインです。

サラダやスパイシー料理など、暑い時期においしい料理によく合うと思います。

オーストラリアの白ワインでつくるスプリッツァは如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「Etsuro Abiko 」名人の名前入りシャルドネ

 

 

アーバンワイナリーご紹介の最後は、門前仲町の深川ワイナリーさん。

無濾過や自然発酵などベテラン醸造家が、さまざまな試みをされているワイナリーです。

また、原料のブドウも素晴らしく、その栽培農家さんの名前がラベルにプリントされております。

 

 

 

 

 

 

【深川ワイナリーのワイン】

写真右の黄色いラベル「Fukagawa Winery TOKYO2017 Chardonnay」には「Etsuro Abiko Sagae Yamagata Japan」と記入されております。

特別な栽培農家さんが手掛けられたシャルドネに、絶妙な樽香が加わり、仕上げられているワイン。バランスが良く旨みを感じる味わいです。

醸造家の方曰く、特にお寿司などの和食に合うとのことで、どこか上質な清酒を連想させる味わい。

生産量は800本ほどですが、既に予約分などがあり、流通量はさらに少ないのだとか。

国産ワインファンの方々にとって、外せない一本ではないかと感じた次第です。

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「富士の夢」御徒町のボルドー系

 

 

御徒町にワイナリーが存在するというから驚きました。

葡蔵人(ブックロード)という、名前もワインもおしゃれなワイナリー。思わず「・・・・あの御徒町ですか!?」って聞き直しちゃいましたよ。

ラベルからは合わせる料理や、そのワインを飲むのに合う状況を暗示させてくれます。

 

 

 

 

 

 

【葡蔵人(ブックロード)のワイン】

一番最後に試飲させていただいたワインが「富士の夢」。ブドウ品種の名前なのですが、まったく聞いたこのない品種でした。

味わいはヤマブドウ系で濃くて、酸っぱくて、しっかりとした成分が感じられます。ラベルに描かれている合う料理はステーキ。

なんでも「富士の夢」は、ヤマブドウの「行者の水」と「メルロー」を交配したブドウ品種なのだとか。産地は茨城県つくば市です。

交配とブレンドでの味わいの違いはよく分かりませんが、御徒町で造られるボルドースタイルのワインと言えなくもないように思います。

2017年ヴィンテージを試飲させていただきましたが、このワインもまた熟成のポテンシャルを試してみても面白そうだと感じた次第です。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「Motomachi」中華料理で酸と油のマリアージュ

 

 

岩手県九戸村産ヤマブドウ100%の赤ワインを横濱ワイナリーさんが醸しております。

このワイン以外のラインナップはすべてドライでスッキリとしたタイプなのですが、このワインだけ別物。

しっかりと酸っぱくて、成分の濃さ、豊富なポリフェノールを感じさせる味わいです。

 

 

 

 

 

 

【横濱ワイナリー Motomachi 2017】 岩手県九戸村ヤマブドウ

横浜のアーバン・ワイナリーだからでしょうか、「きっと中華料理にあうんだろうなぁ」などと考えながら試飲させていただきました。

勝手な思い込みなのかも知れませんが、なんだか横浜の中華街の料理は味付けが濃い印象を持っております。

そんな、たぶん本格的といえる中華料理には、こんなしっかり酸っぱいヤマブドウのワインや、他のドライでスッキリとしたワインが、たしかに合うのかもしれません。

ヤマブドウワインの場合には、その酸味を中華料理の油に合わせるイメージでしょうか。それも相当に濃厚な味わいの料理でもいけそうです。

また健康効果も期待できる食べ合わせではないかと感じた次第です。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 18412345...102030...最後 »
ページ
トップ