“ワイン”の記事一覧

「ミレジム・シリーズ」デイリーワインの新潮流

 

 

日本で飲まれるデイリーワインはよりお得感があり、より体にやさしくなるようです。

生産者から良質なワインを直接バルク買いして、日本国内でビン詰めすることにより、良質なワインがお得になるだけでなく、防腐処理などを行わない、よりピュアなワインになりました。

 

 

 

 

 

 

【ミレジム・シリーズ(左から)ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、グルナッシュ、ピノ・ノワール】

<ミレジム・シリーズのこだわり>

1、つくり手が丹精を込めて育てた良質な葡萄からつくる上質なワインだけを厳選。

2、安価な価格で優れたワインを入手するため、世界各地の優良生産者より情報収集。

3、輸送時の劣化を防ぐため温度管理を徹底し、容量2万リットルの特注コンテナで輸送。

4、熱処理、低温殺菌、冷却による安定化、無菌ろ過、防腐処理は一切していません。

5、日本国内でビン詰めすることで、現地のワイナリーで樽から飲むようなフレッシュでピュアな味わいを日本の皆さまにお届けします。

補足:

ヨーロッパの有名産地を含め、現地でバルク売りされているテーブルワインの殆どは安価な価格で取引されていますが、このような安価なワインの中でも、健康状態の良い葡萄だけを使用し、きちんとした管理の下で発酵を経た極めて上質なワインに出会うことがあります。

クオリティの高いワインを手頃な価格で入手する方法の1つは、収穫量の多い年にAOCの法令が定める収穫量を上回ってしまったドメーヌから良質な葡萄やワインをバルク買いすることです。

また、良いワインを造っているにも関わらず、知名度が低いために売り上げが上がらない良質なつくり手を探し出すことも有効な方法の1つです。

このミレジム・シリーズではワインの輸送用に特別設計された容量2万リットルのコンテナでワインを輸送します。容量が大きくなるほど液体の表面積が小さくなるためワインの酸化を防ぐことが出来ます。

さらに日本国内でビン詰めを行うことで、防腐処理を施さずとも品質を損なうことがありません。

味わいはどれも優しさがあり、ふくよかでピュアな味わいです。デイリーワインとして毎日飽きることなく楽しんでいただけるワインだと思います。

「ミレジム・シリーズ」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「デマリエ ロエーロ・リゼルヴァ」赤ワインもDOCG

 

 

ピエモンテ州にはイタリアワインの最高各付けであるDOCGワインが意外にたくさんあることを前回のブログで書かせていただきました。

前回ご紹介させていただいたロエーロは、白ワインだけでなく赤ワインもDOCGの最高各付けなのです。

それもピエモンテ州で有名な「バローロ」や「バルバレスコ」と同じネッビオーロを使ったワイン。

「バローロ」や「バルバレスコ」と比べると、ややマニアっぽい感じもする「ロエーロ」ですが、その分お得感ある産地ではないかと思います

また、「バローロ」は男性的、「バルバレスコ」は女性的などと評されたりもしますが、その場合「ロエーロ」はたぶん、おとなしめの優等生と評することができるかも知れません。

つまり、目立たないかもしれないが安定感ある品質のワインと言うことです。

 

 

 

 

 

 

【デマリエ ロエーロ・リゼルヴァDOCG】

年間の生産量5000本の希少なワイン。

果実の凝縮感、チェリーや、すみれの香。軽やかなスパイシーさも。味わいは、生き生きと、エレガントでたくましい。ジビエ料理や、熟成したチーズによく合います。

ワインとは生産地の気候と風土に深くかかわっているのだそうです。

北部に位置するピエモンテ州はアルプス山脈に連なり、昔から野生の鳥獣を食べる機会が多い地方なのだとか。

よって肉の匂いに負けず、口中の脂肪を落とすタンニンの強い、アルコール度数の高い赤ワインが造られてきているとのこと。

つまり、クセのある肉料理に合うようにデザインされているのです。

肉料理に合わせてみては如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「デマリエ ロエーロ・アルネイス」ピエモンテの上質白ワイン

 

 

赤ワインの「バローロ」や「バルバレスコ」があまりにも有名なピエモンテ州には、イタリアワインの最高各付けであるDOCGのワインが他にも意外にたくさんあります。

今回はピエモンテ州のDOCGのひとつであり、アルネイスという葡萄を使って造られるフレッシュで上品な辛口白ワインのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【デマリエ ロエーロ・アルネイスDOCG】

白い華、桃や、アプリコットのニュアンス、厚みもあり、辛口に仕上がった、バランスの良いワインです。

アフターは長く、最後に若干アーモンドの香りも感じられます。

上品な穏やかさの中に、爽やかな野に咲く春の花のような風味が広がる印象。流石はピエモンテの最高各付けの白ワインだと思います。

穏やかだからこそ料理とのマリアージュに適しているワインとも言えるでしょう。

ロエーロではアスパラガスにアルネイスのワインを合わせることが多いのだそうですが、アスパラガスはもちろん和食など繊細な味わいの料理に最適なワインだと思います。

また、この「ロエーロ」はピエモンテ州のDOCGの各付けでありながら、2千円台とお得感ある価格。

ややマニアっぽい産地とも言えなくもないのかも知れませんが、だからこそお得感ある価格なのでしょう。

ピエモンテのDOCG各付けのお得感ある上品な味わいの白ワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「Ch・マルゴー2002」マリアージュの基本中の基本

 

 

ワインとのマリアージュの基本中の基本といえるのが、格を同じにすることでしょう。

英語で言うところのグレート・ウイズ・グレートです。つまりは高級ワインには高級食材ってことでしょうか。

これは単にワインと料理というだけでなく、その状況も含まれるのかも知れません。

そのもっとも分かりやすい状況がお正月でしょう。

 

 

 

 

 

 

【シャトー・マルゴー2002】

大変にありがたいことに、今年のお正月にはCh・マルゴーを味わう機会に恵まれました。

おめでたいお正月に、お正月のご馳走とともにマルゴーを味わう。これ以上のマリアージュはないでしょう。

五大シャトーの中でもっともエレガントで女性的と評されるマルゴーを味わうのは、実はこれが初めてです。

ヴィンテージの2002年は、いわゆる平均的な年。

それでも、か弱い女性を見たことがないのと同じように、なめらかで女性的と言えなくもないのですが十分に力強い。流石は超一流のグランヴァンと言った印象の凝縮感です。

ひょっとして、今も昔も女性的ってのはパワフル+エレガントなことなのか。

また2002年ものぐらいでは、まだまだ若い。もちろん大変に美味しいのですが、もう10年ぐらいは寝かせた方が良かったのかも知れません。

それでも、もう何かの料理に合うとかを超えた「こんなワインに本当に合う料理なんて存在しないんじゃないの!?」みたいな、間違いなく偉大さのあるワインでした。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

自然派スパークリングワインとマクロビオティク

 

 

「マクロビオティク」に「自然派スパークリングワイン」は合うのか?

「マクロビオティック」とは、無農薬や自然農法の作物を原料に造られる健康に気遣った料理法。

「自然派スパークリングワイン」はスパークリングワインなのに、酸化防腐剤無添加だけでなく酵母も糖分も無添加という究極の自然派。

ご婦人方に人気のご近所さんのお店で、マクロビオティックのクリスマスボックスを購入、クリスマスにマッチングを試してみた次第です。

 

 

 

 

 

 

【ブルエル・ブルット ナトゥーレ2012 DOアレーリャ】スペインのスパークリングワイン

酸化防腐剤無添加、酵母無添加、糖分無添加

スペインの三ツ星レストランでも採用されている気合の入った自然派ワインで、その製法は企業秘密。

まず、個人的に感じるマクロビオティックの料理は、全体的に味噌のような発酵させた調味料を使っているような、いかにも体に良さそうな独特の味わいがあるように感じます。

そんな味わいは、違いの分かるご婦人方に大人気なのですが、なかなか子供の口には馴染まないのかも知れません。

一方の自然派スパークリングワイン「ブルエル」の味わいは、非常にピュアでナチュラル、そして非常にドライ。

不思議なことに、飲んたり食べたりおしゃべりしたりでは、なんだかフツーの相性な感じなのですが、いざそのマリアージュの可能性を探ろうと、味わいに集中したなら、これがまたなんともその繊細なタッチでのマリ―ジュが素晴らしいのです。

マクロビオティックの醗酵した感じが、ピュアーな自然派スパークリングワインの味わいを補っているような、その反対のような、スバらしいマリアージュだと感じた次第です。

もっともナチュラルフードにはナチュラルワインが合うという、あたりまえな話なのかも知れませんが。

気合の入った自然派スパークリングワインは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 17312345...102030...最後 »
ページ
トップ