“ワイン”の記事一覧

エッグ・ベネディクトをアテにカジュアル ピノ・ノワール

 

 

先日の朝、夏休み中の子供にせがまれてうちの近所に新しくオープンした、いわゆるロードサイドの大型喫茶店にお邪魔しました。

ちょっと苦手なパンの上に生クリームがてんこ盛りになっていたりする中部系の喫茶店ではなく、そこは関東系。外観は似た感じでしたが、メニューの内容はまったく違ってました。

朝食メニューはなんだか本格的です。

まえまえから食べてみたかった「エッグ・ベネディクト」なるものをメニューで発見しました。少々値段がいい感じでしたが、せっかくですから迷ううことなくそれを注文しました。

 

 

 

 

 

 

こくがあって、確かに美味しい。

・・・・・でも、酒屋のオヤジ的には、「このリッチな味わいのソースのかかったご馳走を、朝食にコーヒーと一緒に食べるんじゃあもったいない。」「たぶんこれにはコーヒーじゃなくてワインであり、そして朝食じゃなくてランチorブランチでしょ!」などと思ってしまった次第です。

そして、もしワインを合わせるとすれば、カジュアルなクラスの軽めの赤ワインが良いのではないかと考えた次第です。

自身の好みもあり、なんでもかんでも軽めの赤ワインに合わせたいと思ってしまうのですが、たぶんこのエッグ・ベネディクトとは、ほとんどのワインに合うような味わいだと思います。

酒屋のオヤジがイメージしたのは、軽めの赤ワインであるカジュアルタイプのピノ・ノワール。

 

 

 

 

 

 

 

【カジュアルなピノ・ノワール 左からニュージーランド産、イタリア産、カリフォルニア産】

エッグ・ベネディクトは卵料理ですから、休日のブランチと呼ばれるような時間帯に、一杯のグラスワインとともに食するのが理想的でしょうか・・・・・・絵になる感じです。

また、もしこのエッグ・ベネディクトの具がベーコンではなくサーモンなら、やはり軽めの樽の利いていないシャルドネあたりが良いのではないかと思う次第です。

多くの料理にフレンドリーなワインは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

やさしい味わいの食事には、やさしい旨味の国産ワイン

 

 

その日の夕食は夏休みの宿題と言うことで、次男がつくってくれた野菜炒めでした。

豚肉から炒めて、堅くて火が通りにくい野菜から徐々に加えて炒めていく。味つけは塩のみ。

野菜の旨みや甘みのやさしい味わいが素直に伝わって来て、たぶん母親に手伝ってもらったのでしょうが、なかなかのものでした。

シンプルな野菜炒めのやさしさは、なんだかノスタルジックな味わいですね。

これが豚肉じゃなくて魚肉ソーセージあたりだったら、もうノスタルジック過ぎちゃって、酒屋のオヤジなどはもう泣いちゃうかも知れない、などと思ったりもした次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

親ばかっぽくて恐縮ですが、次男が初めてつくった野菜炒めです。

そんなやさしくてシンプルな野菜炒めに合うワインと言えば、やはり味わいにやさしさのある国産ワインでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

【にごりスパークリング奥野田フリザンテ(白) と 奥野田ベリザンテ(赤)】

発酵中のワインをボトルに詰めた、やさしい発泡の残っているワインです。発酵の途中ですから当然アルコール分も低め。原料ぶどうは白がデラウエア、赤がマスカットベリーA。

やや辛口のやさしい旨味を感じる味わいのワインです。

国産の野菜と国産のワインですから、産地マリアージュとなるわけです。

また、この手のワインは小規模のワイナリーでしか造れないタイプの、贅沢なワインと言えるかも知れません。

 

国産ワインで ”やさしい & やさしい” のマリアージュは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「ジャン・クロード・ラパリュ ボジョレー・N 2017」天候被害なくパーフェクト

 

 

ステップで人気のボジョレー・ヌーヴォー、「ジャン・クロード・ラパリュ」の2017年ヴィンテージ情報です。

 

 

 

 

 

 

(ジャン・クロード・ラパリュの収穫)

2017年のジャン・クロード・ラパリュのボジョレーはパーフェクト!

冬からの適度な雨、6月の猛暑などでぶどうの生育は昨年より2週間ほど早い。まさにリズミカルに順調にぶどうが育っている。

ラパリュの区画は4月の霜害も、7月の雹害も全く被害がなくパーフェクトな状態。もちろん収穫までは油断はできないが、本年も素晴らしいヌーヴォーが出来上がることであろう。

<2017年のヌーヴォーのぶどうは何と樹齢60年>

ラパリュのドメーヌのある村、ブリュイィのサンテチェンヌ・ラバレンヌの北東5キロのシャレンタ村のヴィエイユ・ヴィーニュで2017年のヌーヴォーは造り出される。

このガメイの古木は収穫量は少ないが熟度の高い高品質なぶどうをつくり出す。また醸造、熟成、ビン詰めまでもちろんSO2(亜硫酸)添加ゼロ。

<ラパリュの目指すワイン造り>

ラパリュが目指すヌーヴォーとは「新鮮なぶどうの香りを思い起こしてくれるようなアロマ、収穫したぶどうを丸ごと、今まさに搾っている香りをそのまま再現するようなヌーヴォー」です。

<ワイン造りのポイント>

①有機栽培。美味しいワインは自然なぶどう栽培抜きにはあり得ません(認証は取得していません)。

②樹齢60年のヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)。

③本来のマセラシオン・カルボニック。一切除梗しない房そのままの状態で発酵。ピジャージュも一切せず、皮を一切傷付けづに優しく発酵。ぶどうの粒の中で果汁がゆっくり発酵します。

④プレスは100年以上前につくられた木製垂直式圧搾機を用いゆっくりプレス。

⑤酸化防止剤(SO2)は、醸造中も瓶詰め時も一切使用しません。野生酵母の自然な働きによりテロワールを素直に表現した、とても優しい味わい。

 

早いもので、今年ももう間もなく2017年ヌーヴォーのご予約を承る時期になります。

11月の解禁日にジャン・クロード・ラパリュ2017は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「オルサダ カリニャン」カリニャン100%の迫力

 

 

驚きのボリューム感です。

チリ産だからなのか、カリニャン100%で、しかも樹齢100年の古木から造られるワインが、これほどまでにリッチでボリューム感ある味わいとは知りませんでした。

アルコール度数はなんと15.5%。

かなり驚きのあるワインです。もちろん美味しい。

 

 

 

 

 

 

【オルサダ・カリニャン】カリニャン100%(樹齢100年)オッフェル・ヴィンヤーズ チリ マウルヴァレー Alc15.5%

2017年サクラアワード ダブルゴールド

ワインスペクテーター94ポイント

味わいはサクランボのリキュール、リコリス、黒色の果実とマッシュルーム等がミックスされたアロマが持続し、アプリコット、白桃、梨、ライチの含みを伴う。

エレガントで熟しており、風味はジューシーでまろやか。カシス、バニラ、ブラックカランとの含みを示し、たっぷりと熟したタンニンに複雑な後味の長い余韻が残る。

上質なワインが造れないと軽視されてきたカリニャン。その評価を見直すために造られたチリで初めての原産地呼称制度であるVIGNO(ヴィーニョ)のワインです。

VIGNO(ヴィーニョ)の条件:オーガニック、樹齢30年以上の古木を使用、65%以上カリニャンを使用、2年間の樽熟成または瓶内熟成など。

 

まずカリニャン100%のワインを他に知りませんが、カリニャン100%のワインがこれほど美味しいことも知りませんでした。密度があり厚みのある味わいと言うだけでなく、エレガントでバランスもスバらしい味わいのワインです。

チリワインの新しい流れはとても興味深いものがあります。このヴィーニョもその中で最も興味深いワインのひとつだと思います。

”カリニャン100%の迫力”を試されては如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「海鮮BBQ」お盆のご馳走とワイン

 

 

近所のスーパーで買ったサバの半身を炭火で焼いてもらって食べたんです。

そしたらこれが、驚くほど美味しかったんですよ!

炭火焼の食品を美味しく焼き上げる能力の高さに、あらためて驚きました。

炭火焼きは、間違いなくご馳走と言えるでしょう。

個人的にはお刺身や肉料理などの典型的なご馳走よりも、ご馳走に感じる次第です。

と言うことで、このお盆休みにご家族で海鮮BBQは如何でしょうか。そしてもちろん海鮮BBQをアテにしたら、飲むのはワインでしょう。

 

 

 

 

 

 

海鮮BBQに合いそうなワインです。

白ワインは酸がやわらかく、ふくよかさのあるもの。赤ワインは果実味はしっかりとしているが渋味が少なく、冷やしても美味しいもの。特に写真右の微発泡のイタリアのボナルダはおススメしたいワインです。

 

 

 

 

 

 

まずは枝豆の塩茹でイッパイ。

 

 

 

 

 

 

夏野菜も美味しい。外でのBBQなら子供もむしゃむしゃ食べてくれます。

 

 

 

 

 

 

そして、海鮮BBQ。鮭、鯖、鰯、シシャモ、ホタテ、イカ、タコ・・・・なんでも炭火焼きにすればご馳走です。

 

家族での海鮮BBQにワインは如何でしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 16212345...102030...最後 »
ページ
トップ