“ワイン”の記事一覧

「登美2013」国産最高ワイン、初の快挙

 

 

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018」で、国産ワインとして初の部門最高賞であるトロフィーを受賞したワインです。

国産ワインとして最高のワインあり、そのなかでも最高のヴィンテージ。

そして、もちろん贈りものとしても、まちがいなく最高のワインでしょう。

 

 

 

 

 

 

【サントリー登美2013】

少量ですが在庫がございます。

サントリー登美の丘ワイナリー自園産ぶどう100%使用。

ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン49% メルロ29% カベルネ・フラン20% プティ・ヴェルド2%

 

サントリー登美の丘ワイナリーは自家ぶどう園で、土づくりに始まるぶどう栽培からワインの醸造・熟成まで一貫したワインづくりをおこなっています。

当ワイナリーフラッグシップの「登美 赤」は、恵まれた環境の畑で徹底した収量制限により育てられたカベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを絶妙にブレンドした、気品のある重厚さを持つ逸品です。

2013年ヴィンテージは、黒味を帯びた濃いガーネット色。よく熟した果実に由来する豊かな香りとともに、ブラックオリーブ、ドライトマト、リコリスのニュアンスが感じられます。

口当たりはシルキーで、質のよいタンニンが心地良く広がり、熟成のポテンシャルが非常に高いワインに仕上がりました。

 

夏のご贈答に国産最高峰のワインは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「奥野田ヴィーナス」本格派国産ワインの贈りもの

 

 

かなりの本格派国産ワインです。夏の贈りものにいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

左【ドメーヌ・オクノタ ワイン・ヴィーナス 桜沢シャルドネ】

自社農園桜沢圃場、長門原圃場収穫シャルドネ100% 辛口白ワイン

ぶどうの植え付け、栽培、醸造まで、理想を積み重ねて出来上がった自信作。ミネラルたっぷりの奥行ある味わい。

ワイナリーの東側の急斜面に位置する自社農園桜沢圃場、長門原圃場で収穫した熟度の高いシャルドネを100%使ったなめらかな味わいの白ワイン。

オーク樽発酵後、バトナージュを繰り返し、およそ半年間のシュールリー期間を経て生み出されたこのワインは、良く熟した果実由来の柑橘類やハーブ、ミネラルの香りと、樽由来のバニラやナッツ、キャラメルなどの香りが溶け合い、複雑さを醸し出しています。

心地良い酸味と圃場のポテンシャルを感じる豊かな果実味、ほのかな苦味のバランスがとれた、コクのあるリッチな味わいです。

特に2016年長門原シャルドネは今までにない最高の収穫となり、驚く事に畑のぶどうは全て健全なまま、ところどころに貴腐化が見られました。

ワインは凝縮感とミネラル感に溢れた味わいです。

 

右【ドメーヌ・オクノタ ワイン・ヴィーナス メルロ&カベルネ・ソーヴィニョン】

自社農園神田圃場収穫メルロ50% カベルネ・ソーヴィニョン50% ミディアム~フルボディ赤ワイン

自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニョンを用い、12ヵ月のオーク樽熟成を経て生み出されたこのワインは、スミレやカシス、根菜類などを思わせる深く豊かな果実味と、樽由来のコーヒーやビターチョコレートなどの香りが溶け合い、しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせます。

今後の瓶熟成により、香り・味わいとも、さらに深みを増してゆくポテンシャルを秘めている、奥野田ワイナリーのフラッグシップワインです。

太陽と大地の恵みをたっぷり受けた奥行きある味わいです。



本格派と呼べる国産ワインを贈りものにされては如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ

「奥野田ワイン」優しさある国産ワインの贈りもの

 

 

夏の贈りものに、上質で優しさある味わいの国産ワインは如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

左【ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン Cuvee NIGORIGris 】 甲州市収穫甲州種100% やや辛口

丁寧に収穫した完熟甲州種を除梗した後、マセラシオンにより甲州種が持つ果実本来の味わいを最大限に引き出しています。

ぶどうに付着している野生酵母で低温発酵後、丹念なバトナージュにより豊かな香り、奥行きある味わいのワインに仕上げました。

ミネラルたっぷりの優しいおいしさがお楽しみいただけます。

 

右【ラ・フロレット ローズ・ロゼ】奥野田地区収穫ミルズ使用/ロゼ/甘口

華やかな香り、ふくよかな味わいを持つ希少な黒ぶどうであるミルズ種をごく浅く発酵させて、チャーミングな味わいのロゼワインに仕上げました。

爽やかな甘みと酸味、バラの花やライチ、白桃を思わせる芳香のデザートワインです。

外観、香り、味わいからイメージして描いたバラのラベルとともにお楽しみください。

 

両方のワインともに優しさのある味わいながら、他にない個性的な味わいのワインです。

夏の贈りものに、上質で優しさある味わいの国産ワインは如何でしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「フリザンテ」夏の贈りもの

 

 

夏の贈りものに、フレッシュでやさしさのある味わいの、国産にごりスパークリングワインの詰合せは如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

左 【奥野田フリザンテ 2015】甲州市収穫デラウエア100% にごりスパークリング/白/辛口 生産本数4300本。

夏の太陽をたっぷりと浴びた完熟デラウェアを100%用い、瓶内二次発酵によりフルーティな味わいときめ細かい泡立ちが特徴のにごりスパークリングワイン。

摘みたて果実そのままのおいしさと酵母由来の奥深い味わいをお楽しみいただけます。

 

右【奥野田ベリザンテ 2015】山梨市収穫マスカットベリーA100% にごりスパークリング/赤/ライトボディ 生産本数3200本。

マスカットベリーAを100%使い、熟したベリーを思わせるチャーミングな果実味ときめ細かい泡立ちが特徴のにごりスパークリングワイン。

こちらも摘みたて果実そのままのおいしさです。

 

塩山の奥野田ワインならではのやさしさのあるうま味と爽やかさは、かならず喜んでいただける贈りものになると思う次第です。

 

夏の贈りものに国産のにごりフリザンテは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「シラーズ」・・・ガッツリBBQなら

 

 

オーストラリア以外ではこのワインのぶどう品種のことを「シラー」と呼ぶのですが、なぜかオーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれます。

それでも、最近の若いオーストラリアの生産者の中には、自身のワインのタイプと、従来のタイプとを区別するために「シラー」と表記するところもあります。

カリフォルニアでもオーストラリアでも、赤ワインの最近のトレンドはエレガント系で、そんなワインがオーストラリアでは「シラー」なんですね。

「シラーズ」と「シラー」はどちらも美味しいですから、合わせる料理によって選ぶのが良さそうです。

・・・・・「夏のBBQで肉をガッツリ食べたい!」・・・・

夏の野外では、繊細でエレガントな味わいは分かりにくい。濃くて分かりやすい味わいのワインの方が美味しく感じます。

特に炭火で焼き上げた肉をガッツリ食べたいならなおさら。

 

 

 

 

 

 

【クール・ウッズ シラーズ】 @1290円+税

ガッツリ肉に、プラコップに入れられてぬるくなった国産ビールや白ワインなどは最悪。

しかし、従来タイプの「シラーズ」なら冷やしても、常温でも美味しい。そしてガッツリ肉に負けない濃さがあります。

北イタリアやアルゼンチンっぽく、もしくはオーストラリアっぽく、「肉食って赤ワイン」の不滅のマリアージュが楽しめるのだと思う次第です。

 

夏のBBQにオーストラリアの「シラーズ」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 18712345...102030...最後 »
ページ
トップ