“焼酎”の記事一覧

「長寿の酒」敬老の日に長寿を願うなら

 

 

長寿を願う気持ちをお酒の贈りもので表現するなら、この黒糖焼酎「長寿の酒」はもっとも適したお酒でしょう。

 

 

 

 

 

 

【黒糖焼酎 「長寿の酒」 壺入り】

黒糖焼酎を生涯愛飲され、120歳で大往生された泉重千代さんにあやかって名付けられました。

黒糖焼酎に限らず、本格焼酎が血液の血栓を溶かすことは良く知られた健康効果でしょう。

そんな黒糖焼酎とうまく生涯に渡り付きあえたことが、泉重千代さんが120歳まで長生きできた一つの要因だといわれております。

120歳で大往生されるその歳まで、この黒糖焼酎の晩酌を楽しまれていたとのことですから、まさに「酒飲み上手は長生き上手」ということでしょうか。

もちろん飲み過ぎはいけませんが、美味しくそして楽しくお酒を飲んで、健康で長生きできるのなら、こんなに素晴らしいことはありませんね。

 

泉重千代さんの飲み方:

アルコール度数30度の黒糖焼酎を一日に約7勺(約 126ml)。

これに水を加えて約3倍の量まで薄めます。これによりアルコール度数は約10度となり、量は約2合となります。

その焼酎の水割りに燗を付けて、熱燗もしくはぬる燗でゆっくりとお料理とともに楽しみました。

 

穏やかでややビターさのある甘味があり、クリーンな飲み口の黒糖焼酎の燗酒は、お料理と一緒に楽しむ飲み物として最適です。またお料理のジャンルを問いません。

 

敬老の日の贈りものに黒糖焼酎「長寿の酒」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

うすめの泡盛で野球観戦

 

 

 

特に出かける予定のない野球好きにとって、このお盆休みは最高でしょう。

朝から夕方まで高校野球、夜には世界女子ソフトボールですから、もうTVの前から動けません。

また、せっかくの休日ですから野球観戦をアテにイッパイやるのもイイ感じです。

 

 

 

 

 

 

【泡盛 請福 と 八街の落花生】

そんなシーンにおススメしたいのが水で割ってうすめにつくってナガッチリにやる泡盛と、おいしい八街の落花生でしょうか。

泡盛は多めの水で割っても、味わいの伸びが良いのがうれしいのです。

もうひとつおススメの飲み方があるとすれば、氷を入れないことでしょうか。

冷たくすると喉ごしが良くなって、どうしても余計に飲んでしまいがち。それが常温の水だけならそれほどグビグビとは飲み進められない良さがあるように思います。

それでも、応援しているチームが終盤に逆転劇でも見せれば、なんだか喉が渇いて余分に飲んでしまうかも知れません。

しかし、それこそがアテとして最高な瞬間なのでしょう。

 

泡盛は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「麦焼酎 ふしぎ屋」”蒸留酒 世界初のダイヤモンド賞”

 

 

” iTQi(国際味覚審査機構)で 蒸留酒 世界初の「ダイヤモンド賞」受賞 ”

著名なヨーロッパのシェフと国際ソムリエ協会の合計120名の審査員 による官能分析の評価が70%以上の製品のみが優秀味覚賞を受賞することができる。

★★★ 三ツ星:全体評価の90%以上・・・極めて優秀な製品に付与

★★ 二ツ星:全体評価80%~89%・・・特記に値する製品に付与

★ 一ツ星:全体評価70%~79%・・・美味しい製品に付与

この審査で ”前人未踏の7年連続三ツ星獲得!!” しました。

iTQiダイヤモンド賞 受賞記念の限定焼酎のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

【大分麦焼酎 ふしぎ屋 極上原酒】Alc43% 720ml 陶器入り @5000円+税

常圧蒸留氷点濾過仕立で造られた麦焼酎。

流石は世界のソムリエやシェフが認めた麦焼酎。旨み、バランス、なめらかさと、素晴らしい出来栄えです。

しかも上質な麦焼酎としては珍しい、樽の影響をまったく受けていない麦の風味を最大限に引き出した味わい。

焼酎好きな方への贈りものや、特別な日の飲み物に最適な麦焼酎ではないでしょうか。

 

世界のソムリエやシェフが、完全ブラインドでのテイスティングで評価した麦焼酎は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「四万十大正」父の日に極上栗焼酎古酒

 

 

父の日の酒に、極上な栗焼酎は如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

【栗焼酎古酒 四万十大正 (長期貯蔵熟成原酒)】Alc35% 720ml @5619円+税

栗の使用比率75%の贅沢な造り。ご存知のように栗は他の焼酎の原料に比べて高価なのです。

原材料は厳選吟味した良質な栗と米麹のみ。他にはない配合比率です。

蒸留した栗焼酎の原酒を、地下洞窟で最低四万十時間貯蔵熟成しました。

モンブランを連想させる深みのある香り。熟成酒ならではのまろやかな口当たりとリッチな深みのある味わい。間違いなく特別な焼酎なのです。

 

本格焼酎の最大の魅力はそのクリーンな味わいでしょうか。だから飽きさせないし、どんな料理でも合うのです。

たとえ父の日を祝うご馳走が、お刺身と焼肉でも大丈夫。すべてにうまくやってくれるから素晴らしいのです。

 

父の日に極上の栗焼酎は如何でしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「熟成古酒 奄美 花喰鳥」父の日に長寿と幸運を願う

 

 

父の日の贈りものに、長寿の酒として知られている、奄美諸島で造られる黒糖焼酎熟成古酒は如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

【熟成古酒 奄美 花喰鳥(はなくいどり)】 Alc38% 720ml @5,000円+税

黒糖焼酎の28年古酒に、9年古酒と6年古酒をブレンド。黒糖焼酎の最高峰です。

濃密でまろやかな円熟した味わいと、長い余韻が楽しめます。

花喰鳥とは、そのくちばしで草花の小枝や花唐草をくわえた鳥を形どった、吉祥文様と呼ばれる大変におめでたい模様。

幸せを運び込み、また大変に縁起が良いのだそうです。このラベルには、徳之島の鳥であるアカヒゲが花喰鳥として描かれております。

また、黒糖焼酎は長寿の酒であることも良く知られております。

 

「ハゲ―、西郷どんと愛加那さんはもう会えないのかぁ~」

酒屋のオヤジも含めて大河ドラマ好きのお父さんにとって、奄美諸島の酒は今が旬でしょう。

また、あの南国感あふれる奄美諸島がホントに美しい。

焼酎好き、大河好きのお父さんなら、間違いなく喜んでもらえると思います。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ 1 / 4612345...102030...最後 »
ページ
トップ